2008年03月02日

キサラギ

kisaragi.jpg

監督…佐藤祐市
出演…小栗旬/ユースケ・サンタマリア/香川照之/小出恵介/塚地武雅

極私的満足度… ○

姿は見せないで…
密室劇のサスペンス、ともすればアリガチな状態になりそうだけど、この作品がアリガチにならなかったのは、脚本の巧さと全員がアクのある俳優だった。ってのが大きな要因じゃないかな。 ネット掲示板でのやり取りとか、その使い方とかは、イマイチ古いぞ?って気がしなくもないけど、そのイマイチ具合も、あそこに集まった彼等には似合っていたのかもしれない。そもそも、ファンがたった5人しかいないビミョウな路線のアイドルだもんね。ファンがイマイチでもそら仕方あるまい。っつう話です(笑)
アクの強い俳優達による、濃いぃ密室劇。アナタはすぐに推理出来ましたか?


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2008年02月29日

タイヨウのうた

taiyouno-uta.jpg

監督…小泉徳宏
出演…YUI/塚本高史/岸谷五朗/麻木久仁子

極私的満足度… ○

映画のがイイな。
ガチ☆ボーイを見に行く前に見ておこうかな(同じ監督サンなので)。ぐらいの軽い気持ちで見たんですけどね、コレ。なかなか良かったです。
一応エ○カ様が主演してたドラマは見てたんです。で、ドラマも思わず泣けそうもうやだ〜(悲しい顔)ってなりつつ見ていたモンだから、正直ピカちゅうセカチューみたいに長時間かけて詳細を描いて行くドラマの方がイイんだろうな。って思って期待半分だったんだよね。でもさ、やっぱコレってYUIが演じてこそ、歌ってこその雨音薫なんだなぁ…って思いましたよ。うん。そんなワケでこの作品は映画の方が断然オススメるんるん


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【タ】行のreview

2008年02月28日

ジャンパー

jumper_2.jpg

原題…JUMPER
監督…ダグ・リーマン
出演…ヘイデン・クリステンセン/サミュエル・L.ジャクソン/レイチェル・ビルソン

極私的満足度… △

人間どこでもドアぁぁ
↑ちょっとドラえもん風に見出しを叫んでみました。や、どこかのサイト(有名な映画サイト)で「ウィリアム・ギブスンのニューロマンサーついに映画化。主役はヘイデン・クリステンセン」ってニュースを読んだんだけど、全然ギブスンの「ギ」の字もなければ、chiba cityとかが出てくるワケでもないし、サイバーパンクの世界でもない。フツウの(←言い過ぎな感もあるけど)SF映画だったなぁ…って、ちょっとガッカリ。間違ったニュース載せたのドコのどいつだ!おかげで過剰な期待しちゃったじゃないかふらふら
でも、とりあえずヘイデン可愛らしかったし、海外ドラマO.Cのサマーこと、レイチェル・ビルソンもなかなか可愛かったから、いっかー。銀行襲ったりしないから、ワタシにもジャンパー能力欲しいッス。旅行行きたい放題じゃん!(←貧乏性)


続きはコチラ(完全にネタバレ)
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【サ】行のreview

2008年02月27日

バンテージ・ポイント

vantagepo2.jpg

原題…VANTAGE POINT
監督…ピート・トラヴィス
出演…デニス・クエイド/マシュー・フォックス/ウィリアム・ハート

極私的満足度… □

巻き戻しすぎ
やージャパンプレミアだって!!と期待に胸膨らませて国際フォーラムに来た人も多かったと思うんだけど(ワタシもその1人)、まぁ!ビックリつか、ガッカリバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)なんとレッドカーペットを歩いたのは日本の芸能人(お笑い率5割バッド(下向き矢印))だけで、しかも舞台挨拶も何もナシ!の完全なるフツウの試写会で、意気消沈したとこに流れ出した映画は・・・これがまった、ビックリするほど巻き戻しすぎ…しつこすぎ…つう残念な内容でございました。近年稀に見るガッカリプレミアでしたよ。


続きはコチラ(ネタバレ気味)
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハ】行のreview

2008年02月25日

第80回アカデミー賞@授賞式

昨日ギリッギリで予想をアップしたから、きっと今年はハズレが多いんだろうなぁ。なんて思っていたんですよねダッシュ(走り出すさま) ま、コレばっかりは、投票したオスカー会員ですら、その瞬間までは分からないですから、大半の予想を裏切って…な授賞が幾つあるか?LIVE中継で見られないのが残念だったけど、ネットで速報を見て一喜一憂してました。・・・仕事?一応してますよ(^^;

てなワケで皆さん既知とは思いますが、一応受賞者リストなどを・・・予想が適中した部門は、太字且つかわいいマークが入れてあります。


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画な雑談

2008年02月24日

第80回アカデミー賞@予想

もっと早くに予想をUPするハズだったのに・・・目の前にミーハーの案件が山盛りだった!ってのと、この時期は仕事が忙しいってので、こんな超前日のギリッギリになってしまいましたふらふら

去年はWOWOWに加入したこともあって、会社をガツンとお休みして、自宅でワクワクしながら、かつ同時通訳にイライラしながらLIVEで楽しんでいたんですよねー。そそ、友達と携帯電話でチャットメールなんかもしながら楽しんでました。
モチロン今年もそのつもりだったんですよ。なんせGGの授賞式が無かったからね。それなのに…運悪く仕事が建て込み有休取れずもうやだ〜(悲しい顔)淋しくネットで速報を待つことになりそうです。

今年はコーエンBrosの独壇場?って思っていたんですけど、イヤイヤ他の作品群もなかなか強そう。予想も難しそうです。
例年、ワタシが受賞して欲しい!ってのと、予想。の2つをリストしてたんですけど、今回は時間もないので、予想だけにしときますたらーっ(汗) かわいいマークがつけてあるのがそーです。


予想はコチラ
posted by カル〜★ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画な雑談

2008年02月15日

魔法にかけられて

enchanted.jpg

原題…ENCHANTED
監督…ケヴィン・リマ
出演…エイミー・アダムス/ジェームス・マーズデン/パトリック・デンプシー

極私的満足度… ○

天然系不思議プリンセス
ディズニー映画に久々のNewプリンセス誕生!ってことで、多くのディズニーファンの方々は注目してたんでしょうが、ワタシの場合はジェームスがまたしても楽しい役で、しかも登場時間も長い!ってことで注目しておりましたわーい(嬉しい顔)
アニメと実写が半々ぐらいで構成されているのか?と思いきや、ほとんどが実写で感激グッド(上向き矢印) アニメと実写の行き来する「魔女のリンゴ」のシーンは、思わずCGすげぇな…と感心。 パンフなどのコピー「アリエナイ魔法」に最初から最後まで、笑わせていただきましたー!つか、一番アリエなかったのは、スーザン・サランドンの化けっぷりかな(笑)


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【マ】行のreview

2008年02月14日

リアル鬼ごっこ

real_oni.jpg

監督…柴田一成
出演…石田卓也/谷村美月/大東俊介

極私的満足度… △

あと1歩!!
ワタシ、実は佐藤サンなんですよねぇたらーっ(汗)だからちょっと身につまされる…というか、その他の方々よりも危機感を持って鑑賞しちゃいました(^^; まーね、確かに日本で一番多い苗字ランキング連続ナンバー1だからさ。仕方ないけども。っつうか、なんつう理不尽な理由なんだよ(佐藤サン狩りの鬼ごっこが始まったワケ)とイラっとしたのも事実です。でも実際の「王政」ってそんなモンなのかねぇ。
タイトルと佐藤サンが引っ掛かって、見に行ったので役者のコトは丸でノーチェック。この主役っぽい女の子、どっかで見たことあるなぁ…と思ったら、海賊版撲滅キャンペーンで黒い涙流してた子なんだねー。(あの警告映像はサイアクだったよなぁ)


続きはコチラ(ネタバレ有り!)
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ラ】行のreview

2008年02月11日

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

magorium_emp.jpg

原題…MR.MAGORIUM'S WONDER EMPORIUM
監督…ザック・ヘルム
出演…ナタリー・ポートマン/ダスティン・ホフマン/ジェイソン・ベイトマン

極私的満足度… △

オトナ向け?コドモ向け?
久々に予告編マジックにかかってしまったかなバッド(下向き矢印)っつう気がする1本でした。この作品の予告を編集した人!素晴らしい!
や、とにかくヘンテコ親父っぷり全開のダスティン・ホフマンは、パフュームの白塗りとタメ張るぐらい笑えたし、極彩色のエンポーリアム(おもちゃ屋)の中はすっごい楽しそうで、ちょっと行ってみたくなりましたぴかぴか(新しい) ちなみに、このチラシにも登場してますが、日本の某アニメキャラ(電車男で有名になりました)が映っていたそうなんですが、気づいた方いますかねぇ?ワタシには分からなかったんですけど。


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【マ】行のreview

2008年02月09日

チーム・バチスタの栄光

team_batista.jpg

監督…中村義洋
出演…竹内結子/阿部寛/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二/田中直樹/田口浩正/井川遥

極私的満足度… □

映画化スキャンダル
宝島社が主催する「このミステリーがすごい!」大賞の、05年の大賞作品である同名小説が原作。どんな本屋さんでも未だに平積みされているほどの超ベストセラーで、色々な書評欄で取り上げられていたので気にはなっていたんだけれど、よーーーやく文庫判が出たし(貧乏性)映画を見に行く前に読みましょうかねぇ。と、なんの気ナシに読み出したら…や、コレがもー止まらない面白さexclamation×2 タイトルや装丁から予想出来る通り、医療ミス…的なお話なんで「こ難しいんじゃね?」って思ったんですけど、これが要所要所で笑わせてくれるし、何よりも登場するキャラクターがまぁ濃いこと濃いこと(爆)
ただねぇ、原作読む前まではてっきり予告編と同じで主人公は女性だと思ってたんですけど、実は男性なんですよね。原作既読者はちょっとキャスティングに違和感覚えてしまうかもバッド(下向き矢印)


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【タ】行のreview