2008年05月30日

JUNO/ジュノ

juno.jpg

原題…JUNO
監督…ジェイソン・ライトマン
出演…エレン・ペイジ/J.K.シモンズ/ジェニファー・ガーナー

極私的満足度… ○

それも一つの選択
08年のオスカー脚本賞を受賞したので、公開前から軽く内容を知ってる人も多いと思いますが、ティーン(10代)の妊娠→出産が題材になっています。現実社会でもそうだけど、どうしてもティーンの妊娠・出産というものはドヨヨーンと暗く、そして重たくなりがちたらーっ(汗)古くは金八っつぁんの1stシーズンとかがそうですよね。まぁ、その頃とは時代が変わってはいるけれど、今でもやはり重要な問題であることに変わりはないワケで…
そうなんだけど、この作品が他と違い、オスカーを受賞したのは、妊娠・出産がテーマなのにPOPで明るい。前向きな作品だからなんですよね。今までにない切り口だと思います。
一風変わった女の子JUNOが、周りの皆を巻き込んで、これも1つの選択肢。結果的にはこれも愛のカタチ…かも?ってのを証明してくれます。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【英字】のreview

2008年04月08日

NEXT-ネクスト-

next.jpg

原題…NEXT
監督…リー・タマホリ
出演…ニコラス・ケイジ/ジュリアン・ムーア/ジェシカ・ビール

極私的満足度… △

ナイス巻き戻し
試写会の招待状に書いてあった監督の名前&過去作品を見て「ワタシこの監督が作った007、史上最悪って思ったんだった」と思い出して、ちょっと嫌な予感が漂ったんだよね。もしかしたらタダ単にハデな爆発シーンがめじろ押しの高予算低品質ムービーなんじゃ?と。
いやいや、そんなコトはありませんでした。ニコちゃんのコミカルな動きで笑えたし、先日みた「執拗に巻き戻しすぎ」な作品とは違って、イイ具合に巻き戻し効果を使ってあったし、コンパクトにまとまった娯楽作品でした。サービスデイに見るのに最適なんじゃないかなぁ。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【英字】のreview

2008年04月04日

Shopgirl/恋の商品価値

shopgirl.jpg

原題…SHOPGIRL
監督…アナンド・タッカー
出演…クレア・デインズ/スティーブ・マーティン/ジェイソン・シュワルツマン

極私的満足度… □

クタビレ親父の妄想
05年トロント映画祭に行って、最初に見た(…と言っても映画ではなくレッドカーペットの様子を)作品。一体どんな内容の作品か全く分からなかったけど、とりあえずスティーブ・マーティンが出てるから親父ギャグ満載のコメディなんだろうって思っていたワタシ。2年の後にレンタルでパッケージを見つけ、ワクワクしつつ手に取って再生してみてビックリがく〜(落胆した顔) コッテコテのコメディを予想していたワタシは、愕然とするほど裏切られた気がしました。つか、何?これってクタビレちゃったおぢさんが、こんなことあったらイイよなぁ…と夜毎妄想しちゃう内容がそのまま映画になっちゃったの? 紳士的で気品溢れるスティーブ・マーティンなんて全然魅力ないぞぉぉexclamation×2

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【英字】のreview

2006年08月23日

X-MEN ファイナル ディシジョン

xmen3-2.jpg

原題…X-MEN:THE LAST STAND
監督…ブレット・ラトナー
出演…ヒュー・ジャックマン/ハル・ベリー/ファムケ・ヤンセン/イアン・マッケラン

極私的満足度… △

これで最後なの?
1作目も2作目も、アメコミ特有のちょっとダークな感じを匂わせたカッコイイアクション作品だったと思うんだけど…これ、やっぱり監督が変わったからなんでしょうね(スーパーマン リターンズのブライアン・シンガーと入れ替わりになった)。もともとブレット・ラトナーはどちらかというとコメディタッチの作品を多く撮る監督さんなので、笑ってしまうシーンがかなり多い、アメコミのダーク加減の薄い作品だな〜って思ってしまいました。ま、ワタシはマグニートーがヘルメットつけて出てくるだけで笑っちゃうんだけどねわーい(嬉しい顔) あのイアン・マッケランは、とてもガンダルフと同じ人物には見えないぐらいオカシイです。そーいう「お笑い目線」で見るのであれば、かなり楽しい作品だと思います。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 15:28| Comment(4) | TrackBack(30) | 【英字】のreview

2006年08月07日

M:i:3

mi3-2.jpg

原題…MISSION:IMPOSSIBLE III/M:I:III
監督…J.J.エイブラムス
出演…トム・クルーズ/フィリップ・シーモア・ホフマン/ミシェル・モナハン/ジョナサン・リース・マイヤーズ

極私的満足度… ○

一番イイんじゃない?
トムちんになってから、1作目がデ・パルマ。2作目がジョン・ウー。どちらの作品もそれなりに面白かった…と思うんだけど(ジョン・ウーのは、ちょっとバッド(下向き矢印)だった気がする)、今回のは3本の中で一番の出来なんじゃないの?ってのが見終わった直後の感想。観客というか観る人を惹き付ける作品作りは、TVドラマも映画も大差はないexclamationってことなのかな。今回の監督はワタシも好きな『エイリアス』や『LOST』などの人気TVドラマの監督でもあるJ.J.エイブラムス。 一瞬、トムちんがシド(エイリアスの主人公)ばりに毎回コスプレ変装してミッションしてくれるのかexclamation&questionと妙な期待をしたけど(^^; そんなんは全然なくて、フツーに楽しめる娯楽作品でした。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 【英字】のreview

2006年06月23日

TRICK 劇場版2

trick2-2.jpg


監督…堤幸彦
出演…仲間由紀恵/阿部寛/片平なぎさ/野際陽子/生瀬勝久/平岡佑太/堀北真希

極私的満足度… ○

ヨロシクねっっっ!
こちらは海猿とは逆で、TVシリーズを経て映画化された作品。タイトル通り劇場版の「2」。TVの頃から出て来るあのタマゴ、黄緑、青、紫、黒、そして今回は…オーーーイ!ついにヒヨコ登場ですか!(笑)そっかー、これでついに終り、完結なんだよ!ってことなのか。感慨深いなぁ…なんて思ってるのも束の間です。あぁ、堤監督今回もまた小ネタが満載なのね。スクリーンが明るくなる前から小さく「ヨロシクねっ」って聴こえてたのが、すっご〜〜く気になってたんだけど。ゆーとぴあかよ!もー懐かしすぎてそこだけで大笑いだったよ。 セカチュー明日の記憶みたいなシリアスも嫌いじゃないけど(でもちょっと意外>笑)、やっぱりTRICKやケイゾクみたいな小ネタを振りまく作品のが堤監督っぽくて好きだなぁ。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(3) | 【英字】のreview

2006年05月26日

「V フォー・ヴェンデッタ」

あまりにも海外鯖からのアホかつ大迷惑かつ嫌がらせ!なTBが続いたので、思い切って以前書いたモノは削除して、新たに書きました。…つーか、ただ、一旦コピーして削除してペーストしてるだけなんですけどね。これで、過ぎ去ってくれたら設けものなんだけどダメだったら一度どこかに移動するしかないなぁ…面倒だよぅ(ノД`)・。
皆さんから以前いただいた、アリガタイTBは下記に、コメントはコメント欄に順不同でまとめさせて頂きました。

vforvend.jpg

原題…V FOR VENDETTA
監督…ジェームズ・マクタイグ
出演…ナタリー・ポートマン/ヒューゴ・ウィービング/スティーヴン・レイ

極私的満足度…△

斬新さはない。でも分かりやすい
マトリックスのウォシャウスキーbros.が送り出す、英国の人気コミックが原作の作品。とにかくウォシャウスキーbros.が今度はどんなことやらかしてくれたのかexclamation&questionどんな新しいエフェクトが飛び出すのか?と少々期待しすぎたけれど、ワタシ的にはマトリックスよりも話が分かりやすいぶん、絵面(エフェクト等)に斬新さはないけれど、こっちの方が好きかな〜って思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 10:52| Comment(9) | TrackBack(5) | 【英字】のreview

2006年05月17日

GOAL! ― ゴール!

goal1-2.jpg

原題…GOAL!
監督…ダニー・キャノン
出演…クノ・ベッカー/アレッサンドロ・ニヴォラ/マーセル・ユーレス

極私的満足度… ○

あきらめきれない夢…priceless
FIFAサッカーが初めて公認した映画、そして国立競技場で初めて映画の試写会が行われる。という初めてづくしのジャパンプレミアにて見てきました。 正直、映画の鑑賞には向かない会場ではあったけれど、折しも2006年ドイツW杯出場メンバーが発表された翌日だったことと、日本サッカーの聖地って雰囲気もあり、そーいった意味で非常に有意義な試写会でした。もちろん作品も、今の季節にピッタリな爽やか系サクセスストーリー。音響と椅子がシッカリした劇場で、そして是非とも字幕版でもう1度見てみたい。そう思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(24) | 【英字】のreview

2006年05月08日

LIMIT OF LOVE 海猿

lol-umizaru.jpg


監督…羽住英一郎
出演…伊藤英明/加藤あい/佐藤隆太/時任三郎/大塚寧々/吹越満

極私的満足度… ○

水面ヨ〜シ!! チェックインーーヌッ!!
映画海猿で始まり、TV版「海猿-EVOLUTION-」そして3年間かけた作品の最終章にあたる今回の作品。最初の「うぉぉ、青春だのぉ」って感じの爽やかさとは違うけど、最後までやっぱり爽やかな作品でした。TVのCMの通りウッスラ涙は浮かんだけれど、ワタシはボロボロとは泣けなかったんですよね…。ワタシが非情なのかしらたらーっ(汗) それはともかく、役者の体を張った頑張りと製作者の努力が見事に合わさったなかなかに素晴らしいエンタテインメント作品でした。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 12:03| Comment(5) | TrackBack(42) | 【英字】のreview

2006年03月24日

Trouble(原題)

bnor.jpg

原題…Trouble
監督…ハリー・クレヴァン
出演…ブノワ・マジメル/ナターシャ・レニエ/オリヴィエ・グルメ

極私的満足度…△

双子の恐怖
この作品もフランス映画祭にて見てきました! あの独特の発音のせいで、どーも眠たくなりがちがフランス映画なんですが、サスペンスとかスリラーは別です! かなりグイグイ引き込まれる内容でした・・・が、主人公がまったくウリ2つの双子っていう設定だから、どっちがドッチなんだexclamation&questionと多少自分の中で混乱する部分も(^^; 画面の暗さとか後ろ暗い設定とか…結構フランスのサスペンスってどろどろしてますよね。でもそこが面白かったりするワケです。主人公の双子を演じるのはブノワ・マジメル。もースクリーンに出ずっぱりです。どこを切ってもブノワが出て来る!金太郎飴状態です(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 【英字】のreview