2008年05月23日

告発のとき

valley_elah.jpg

原題…IN THE VALLEY OF ELAH
監督…ポール・ハギス
出演…トミー・リー・ジョーンズ/シャーリズ・セロン/スーザン・サランドン

極私的満足度… △

ズドーーンと重たいけれど…
クラッシュの監督であり、ミリオンダラー・ベイビー父親たちの星条旗等の脚本家でもあるポール・ハギスの作品。これらの作品全てに言えることだけれど、物語はとてもヘヴィ。でも見る者を捕らえて放さない、見た者に強くメッセージを残すんですよね…少なくともワタシは、そう思います。
この作品も先のイラク侵攻が絡む、戦争から帰って来てもなお、友人や家族を巻き込んで惨状は続く。そんな「これもまた、イラク戦争なのだ」を描いた作品でした。
約2時間ほどの作品ですが、長いなぁ…と時計を見たくなるようなこともなく、じっくりと魅せられる。そんな1本。


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(5) | 【カ】行のreview

2008年05月16日

クライマーズ・ハイ

climbershigh.jpg

監督…原田真人
出演…堤真一/堺雅人/尾野真千子/遠藤憲一

極私的満足度… ○

事故がメインではないのね
見に行く前に本を…って思ったんだけど、今回はギブでしたたらーっ(汗)(厚すぎる…) でも逆に原作を読んでいなかったから、配役やら詳細設定でイライラしなかったぶん、素直に楽しめた気がします。
チラシや予告などで「日航機墜落事故」を扱っているのは知っていたのよね。まぁユナイテッド93みたいな、完全に事実に基づいた墜落までのドキュメントではないにしろ、事故の事実を追い掛ける新聞記者達の物語だと思っていただけに、プロローグでいきなり山登りを始めちゃったので、???って感じでした。
記者達の気持ちの高揚感と、山登りの経過が比例している作りになっていました。うーん、なるほどクライマーズ・ハイです。
劇中でも一応どのような事故だったのかは、語ってくれるのですが、お若い方は、図書館やネットで事故の詳細を調べて行った方が、事の重大さが分かってイイかもしれません。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2008年05月06日

銀幕版 スシ王子〜ニューヨークへ行く!〜

sushi_prince.jpg

監督…堤幸彦
出演…堂本光一/北大路欣也/中丸雄一/釈由美子

極私的満足度… △

ドラマの時より・・・
や、実は少林少女を見るか、こっちを見るか…で迷ったんだよねぇたらーっ(汗)(本広監督にするか堤監督にするか…って迷ったの) なもんで、ラクロスが思いのほかヒドかったから、こりゃ寿司プリンス見るしかないでしょ!ってことで、翌日にリベンジexclamation×2
一応ドラマも毎週見ていたんだけれど、毎週見る度に「そろそろ見るのヤメるか?」って正直思っていたので(^^; ちょっと映画は心配だったんだよねぇ。でもね、前日見たのがあまりに…だったせいもあり、ドラマの時よりも見やすかったように思いました。久々に堤監督的ちょこちょこお笑いワールドが見られたかな。とりあえず「ぴちょん君?」には大爆笑でした。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2008年04月26日

紀元前1万年

10000bc.jpg

原題…10,000 B.C.
監督…ローランド・エメリッヒ
出演…スティーブン・ストレイト/カミラー・ベル/クリフ・カーティス

極私的満足度… △

VFX「は」素晴らしい
そうだ!原始人を見に行こう!本物はきっとカッコイイかもしれない黒ハートぐらいの気持ちで見に行ってきましたたらーっ(汗) 募集当初はヒロインのカミーラ・ベルも来日することになっていたのに、何の説明もないままドタキャンしてたよ。見終わって「ま、こんなモンだよねぇ。マンモーマンモスが可愛かったよね」って、ワタシは楽しめましたけど・・・壮大で歴史的事実も盛り込まれている大作映画exclamation×2って思って見に行くと、ものすごいガッカリしちゃうかも知れません。マンモーやサーベルタイガーなんかのVFXは素晴らしかったけども。

ほんのりネタバレ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2008年04月01日

クローバーフィールド/HAKAISHA

cloverfield_2.jpg

原題…CLOVERFIELD
監督…マット・リーヴス
出演…マイク・ヴォゲル/マイケル・スタール=デヴィッド/ジェシカ・ルーカス

極私的満足度… △

1時間25分続くジェットコースター
募集の時から色々と謎だらけだったジャパンプレミアで観てきました。先日ライラの冒険を観た時に初めてロングの予告を観たんだけど…思いっきり、あれ?ワタシ酔ってる?って思うほど気分悪ぅぅがく〜(落胆した顔)になった三半規管の弱いワタシ。なので、酔い止めを服用して試写会に挑む!という奇異な体験をしました(苦笑)
アメリカBOX OFFICEの1月期における興業成績で、スターウォーズ特別編を抜いてTOPに躍り出た作品。あくまでも噂先行で、一体どういった内容なのか?全くもって分からないまま。車酔いとは別のドキドキ・ワクワク。映画が始まるのがこんなに楽しみなのは何時以来だ?って感じでした。


ネタバレ有ります!
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2008年03月02日

キサラギ

kisaragi.jpg

監督…佐藤祐市
出演…小栗旬/ユースケ・サンタマリア/香川照之/小出恵介/塚地武雅

極私的満足度… ○

姿は見せないで…
密室劇のサスペンス、ともすればアリガチな状態になりそうだけど、この作品がアリガチにならなかったのは、脚本の巧さと全員がアクのある俳優だった。ってのが大きな要因じゃないかな。 ネット掲示板でのやり取りとか、その使い方とかは、イマイチ古いぞ?って気がしなくもないけど、そのイマイチ具合も、あそこに集まった彼等には似合っていたのかもしれない。そもそも、ファンがたった5人しかいないビミョウな路線のアイドルだもんね。ファンがイマイチでもそら仕方あるまい。っつう話です(笑)
アクの強い俳優達による、濃いぃ密室劇。アナタはすぐに推理出来ましたか?


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2008年01月18日

黄色い涙

kiiroi_nami.jpg

監督…犬童一心
出演…相葉雅紀/大野智/桜井翔/二宮和也/松本潤

極私的満足度… △

古き善き昭和のカホリ
嵐が全員出演の久々の作品。ピカ★ンチそしてピカ★★ンチと、堤監督の元で笑いの才能を存分に発揮し、非常に楽しい作品を届けてきてくれた彼等だし、昨年CATVで見たジョゼと虎と魚たちが思いのほか良かった犬童一心監督作品だから、さぞかし面白いだろう!
チラシから漂って来る、心地よい昭和のカホリも期待度を更にアップさせてくれました。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2008年01月13日

銀色のシーズン

gin_season.jpg

監督…羽住英一郎
出演…瑛太/田中麗奈/玉山鉄二/青木崇高

極私的満足度…○

気分爽快・単純明快
今年の劇場鑑賞1本目です…というか、毎年元旦(映画の日)に何かしら鑑賞するんだけど、今期のお正月映画、なんとも・・・な感じだし、見たいモノは年末に見ちゃったし…ってワケで連休まで劇場に行けず。
1本目からハズレだったら嫌だなぁたらーっ(汗)って不安モリモリだったんだけど、イントロの豪快かつ爽快な白馬の青空、真っ白な雪。そしてワタシにはおよそ出来ないスキーシーンの連続で、最初の予感は一気に払拭。こりゃさい先イイね!と思った単純なワタシです。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2007年06月19日

ゴーストライダー ほか

hageider.jpg

ゴーストライダー

原題…GHOST RIDER
監督…マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演…ニコラス・ケイジ/エヴァ・メンデス/ウェス・ベントレー

極私的満足度…○

ニコラス刑事が、もともとアメコミ大好きで、どーしても何かやりたい!ってことで作ったモンらしいんですが…どー考えても、毛がフサフサしてる時点で爆笑です。アメコミのダーク感なんてどっかにフッ飛んじゃうほど笑えるんですよ。デアデビルのベンベン(アフレック)も笑わずにはいられないけど、こっちはもう何やってもギャグにしか思えないほど可笑しかったです。 出だしは、なんだかカッコイイ少年(マット・ロング)なのに、成長したらいきなりハゲライダーですよがく〜(落胆した顔) どーやったらこんな成長のしかたするんだよぉバッド(下向き矢印) あのスカル姿とニコちゃんの顔が妙にマッチしてて堪りません。去年X-MEN3見た時、こんなに笑えるアメコミは他にないだろう!と思ったけど、このゴーストライダーには勝てないね。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2006年12月26日

敬愛なるベートーヴェン

copyingbeethoven2.jpg

原題…COPYING BEETHOVEN
監督…アニエスカ・ホランド
出演…エド・ハリス/ダイアン・クルーガー/マシュー・グード

極私的満足度… △

音楽室から抜け出て来た!!
年末と言ったら、この曲でしょう!というぐらい有名な、ベートーベンの交響曲第9番。あの曲が初演される(完成する)4日前が物語の舞台。この頃のベートーヴェンはすでに耳が聴こえない状態になっていて、偏屈さにもより一層磨きがかかっていたようで…そんな彼の元にコピスト(写譜師)として音楽学校から派遣されるのが、ベートーヴェンの3人目のコピスト@アンナ・ホルツ。物語は一応史実に基づいているそうなんだけど、この3人目のコピストは今なお謎とされているらしい。今回はその役を女性にして、男女間を越えて存在した師弟愛を描いていました。アマデウスのように荘厳で、ちょっと眠たくなるような作品なのかと思いきや、昨今のクラシック音楽ブーム(のだめカンタービレ効果)のせいか、比較的楽しく見られました。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 23:50| Comment(1) | TrackBack(2) | 【カ】行のreview

2006年10月30日

木更津キャッツアイ-ワールドシリーズ-

cats-w1.jpg


監督…金子文紀
出演…岡田准一/桜井翔/酒井若菜/岡田義徳/佐藤隆太

極私的満足度… △

バイバイ!
うぅ〜〜おがく〜(落胆した顔)マジでっ?木更津キャッツまでが韓国リメイクされちゃった?有り得なくね?(←アニ風に読んで下さい^^;)つか何?ビールビールビール!の変わりに真露!ジンロ!ですか(爆)とノッケはTV版の頃のイキオイそのままのクドカンワールドが広がって思わず声出して笑っちゃったんだけどねぇ。キャッツですらシリーズ第2弾の罠にハマってしまったかバッド(下向き矢印)と切なくなってしまいました。でもね、やっぱりTVの頃から愛して止まない作品だし、劇場で見ることが出来て良かったな〜と思いましたよ。 日本シリーズから3年経った、愛すべき5人の木更津少年が大人になっていく物語でした。

ネタバレ気味な続きはコチラ
posted by カル〜★ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(7) | 【カ】行のreview

2006年10月03日

カポーティ

capote1.JPG

原題…CAPOTE
監督…ベネット・ミラー
出演…フィリップ・シーモア・ホフマン/キャサリン・キーナー/クリフトン・コリンズJr.

極私的満足度… △

もう、書けない・・・
昔は本を沢山読んでいたけれど、この手の文学というか文芸というか…そーいうのは全く読んだことがない。だから実を言うとオードリー・ヘプバーン主演の有名な映画『ティファニーで朝食を』の脚本家がトルーマン・カポーティだってことを、この作品を見て初めて知ったんだよね(恥)たらーっ(汗) 他にもハンフリー・ボガート主演作の脚本を書いたり、とにかく物凄い有名な作家さんだ。ってのは知っていて、さらにゲイだったってのも知っていたんだけど・・・自由奔放な時代の寵児だった売れっ子作家の彼が、ある作品をきっかけに「もう、何も書けない」そんな心神喪失状態になってしまう。そのターニングポイントを綴った作品でした。
続きはコチラ
posted by カル〜★ at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2006年08月11日

キンキーブーツ

kinkyboots.jpg

原題…KINKY BOOTS
監督…ジュリアン・ジャロルド
出演…ジョエル・エドガートン/キウェテル・イジョフォー/サラ=ジェーン・ポッツ

極私的満足度… ◎

キンキーだっていいじゃない!
う〜〜ん、久しぶりに予告編見た時に想像した通りの面白い作品に出会ったexclamation×2 先日の身内の為に開いたプレミア(某海賊映画)で、心底嫌な配給会社だと痛感した会社の配給作品だったので、ちょっと癪に触らないでもないんだけど、これはそんな小さい事で「見てやんねー」って拒否しちゃうのが勿体無い。心底笑えて、どこか暖かい。そんなすんばらしい作品でした。悔しいけどブ○○ビスタの配給するミニシアター系って結構秀逸なのが多いのかもしんない(-_-) 今年前半のイチオシRENTも、この会社の配給だったもんね。とにかく、そんな柵(シガラミ)はサラッと取り払って見てみるべき!こんな業界もあるんだね〜るんるんって思うはず。ワタシなんて見終わったらキンキー上等(←ケンカ上等なノリで)って思っちゃった。紳士・淑女の皆さんにも、まだどちらにしようか迷ってる皆さんにもぴかぴか(新しい)オススメしたい作品です。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 14:42| Comment(6) | TrackBack(27) | 【カ】行のreview

2006年03月23日

県庁の星

kenntyou.jpg

監督…西谷弘
出演…織田裕二/柴咲コウ/佐々木蔵之介/石坂浩二

極私的満足度…△

いよっ!県庁さんッ
「踊る〜」の織田裕二と「セカチュー」の柴咲コウ、東宝が興業成績を見込める二人を主人公に据えて、数字だけを狙ったのがシロウト目にも明らかな作品・・・なんだけど、いやいや小馬鹿にしてましたけどねたらーっ(汗)思いのほか楽しめましたよ。ワタシはどっちかっていうと満天堂側なポジションの人間なんでね(^^; 「時代のニーズ」ってヤツに合ってたっつうことですかねぇ、ほら、今地方政治って色々問題取り沙汰されてるじゃないですかバッド(下向き矢印) ヤリスギってことを知らない「官」が、「民」によって改革される…皮張りの椅子にふんぞり返っているお役人に見てほしい1本ですね。とりあえず一番良かったのは、余計な(必要のない)ラブシーンが無かったこと。これは非常に好感度高かったです(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 15:59| Comment(2) | TrackBack(11) | 【カ】行のreview

2006年03月22日

クラッシュ

crush2.jpg

原題…CRASH
監督…ポール・ハギス
出演…マット・ディロン/ドン・チードル/テレンス・ハワード/ルダクリス

極私的満足度…○

アメリカの本音?
言わずと知れた、2006年アカデミー作品賞をかっさらった作品。受賞前は平日閑古鳥の鳴いていた劇場も、受賞直後から大入満員で先週末からは上映館が増えたらしいexclamation×2オスカーの効果がこんなに如実に現れる作品って珍しいような…。ま、受賞作が公開中ってこともなかなか無いからね。 で、見たくて見たくてよーやく見に行けたワケですが…うーん、やっぱり重たい。ミュンヘンの重たさとはまた違った意味の重さを感じました。

にほんブログ村 映画ブログへ
↑ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 22:38| Comment(2) | TrackBack(27) | 【カ】行のreview

2006年02月09日

恋人までの距離(ディスタンス)

no-image.jpg

原題…BEFORE SUNRISE
監督…リチャード・リンクレイター
出演…イーサン・ホーク/ジュリー・デルピー

極私的満足度…◎

忘れられない一夜
ワタシが自信を持ってヒトにオススメ出来る恋愛映画の1本。やー、コレほんとに拾いモノexclamation×2稚HPの掲示板で皆さんがオススメしてくれたので、ふだんは好きこのんで恋愛モノを借りないワタシが、ドレドレ?って興味本意で借りてみたんだけど、もー(長音記号1)最初からスッと物語に入り込めて、ラストまでひたすら二人の様子にウットリとさせられてしまいました黒ハート 二人の恋愛模様を見るだけでも十分に楽しめるんですが、オーストリアの街並も一緒に楽しむことができて、さながら二人と一緒に歩いているような…そんなロードムービー的要素も含んだ素敵な作品。

にほんブログ村 映画ブログへ
←ポチッとプリーズ。続きはコチラ
posted by カル〜★ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 【カ】行のreview

2006年01月29日

逆境ナイン

gyakkyo9.jpg

監督…羽住英一郎
出演…玉山鉄二/堀北真希/藤岡弘/田中直樹

極私的満足度…○

人生常に逆境だっ!
ほんとは劇場で見たかったんだけどな〜。このおバカさ加減がなんともいえません。なんせ「全力でない者は死すべし」だもんね(笑) で、学校も「全力学園」でしょ?更には校長先生が仮面ライダーの藤岡弘だよ!アツイ、アツすぎるよ。しかも主人公の名前が不屈闘志と来たもんだ(爆)おバカ映画好きなワタシには、たまらん作品でありました。

にほんブログ村 映画ブログへもっと読む?
posted by カル〜★ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 【カ】行のreview

2006年01月14日

キングコング

kingkong05.jpg

原題…KING KONG
監督…ピーター・ジャクソン
出演…ナオミ・ワッツ/エイドリアン・ブロディ/ジャック・ブラック

極私的満足度…△

リアルすぎて鳥肌
1933年のオリジナル、実は見たことがないんだけど、きっと誰でもエンパイアステイトビルにキングコングがよじ登っている白黒の映像は目にしたことがあるんじゃなかろうか?ワタシ自身もその1人。ま、大まかな話は知っているけど、全編通して見るのは初めてだったので、新鮮でした。ロード・オブ・ザ・リングシリーズで大物としての地位を不動のものにしたPJとその仲間達のお仕事っつうことで、お話よりもどっちかっていうとエフェクト面の方に期待しておりました。で・・・もぉ期待通りexclamation×2つーか度ぉ越したリアルさで、思わずキモくて鳥肌立ちました(とくに虫系の攻撃)コングの表情だとか、毛のフサフサ感とかにもスゲェと思ったけど、とにかく中盤の【ジュラシックもどき】なとこなんて圧巻でしたね〜たらーっ(汗)

にほんブログ村 映画ブログへもっと読む?
posted by カル〜★ at 23:16| Comment(6) | TrackBack(5) | 【カ】行のreview

2006年01月06日

コーラス

choris2.JPG

原題…LES CHORISTES
監督…クリストフ・バラティエ
出演…ジェラール・ジュニョ/ジャック・ペラン/ジャン=バティスト・モニエ

極私的満足度…○

天使の声を持つクソガキ
試写会に当っていながら、忙しくて劇場にすら行けなかったので…年末のDVDリリースでよーやく見る事が出来ました。ぴかぴか(新しい) 同じ時期に公開していたバッド・エデュケーションも、この作品と同じように寄宿学校が舞台で、主人公が歌を歌うってシーンがあって、ちょっと似てるのかな?って思っていたんだけど、いやいや…向こうはテーマがアレですもんね(;´Д`A こっちのクソガキどもの声が、まるで天使の歌声にも聴こえて、心洗われる気さえしてしまったワタシです。 しかも実際切ない話ですよね。なんせ入れられてる学校沼の底なんて名前だしさ。んで、ハゲ先生が来る前までは大戦中の軍隊のようなお仕置きという名の折檻で、統制されていたわけだし。


にほんブログ村 映画ブログへもっと読む?
posted by カル〜★ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2005年12月27日

交渉人 真下正義

mashita.jpg

監督…本広克行
出演…ユースケ・サンタマリア/寺島進/國村隼/石井正則

極私的満足度…○

2より断然おもしろい!
やー、2には正直ガッカリさせられましたからねぇバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印) 実を言うとあんまり期待せずに見たのよ。や、コレかなり面白かったかも! 自分が毎日乗ってる、あの路線が舞台だったっていうのも大きな要因だけど、まさか電車地下鉄をジャックするなんて!飛行機バスはハリウッドの映画でもよく作品にされるけど、電車って珍しいんじゃないかな?(あ、でも韓国映画にあったね『TUBE』) ドラマシリーズでもMovieでも本当にナイス脇役だった「真下」が主人公。さすがにメインともなると、いつもみたく「センパ〜〜イ」って茶らけてもいらんないわな。真剣な真下、なかなかイケておりました。


にほんブログ村 映画ブログへもっと読む?
posted by カル〜★ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(4) | 【カ】行のreview