2006年06月07日

オーメン

omen06-2.JPG

原題…THE OMEN
監督…ジョン・ムーア
出演…リーヴ・シュライバー/ジュリア・スタイルズ/デヴィッド・シューリス/ミア・ファロウ

極私的満足度… △

怖さがパワーアップ
言わずと知れたオカルトホラーの金字塔…とまではいかずとも、誰もがそのタイトルは聞いたことがあるであろう作品の完全リメイク版。これね、何がスゴイかって、まず世界同時公開なんですよ!英語圏の国だけでなく字幕や吹替えの必要な国も含めて、1000年に一度っきり悪魔の数字6が三つならぶ2006年6月6日に公開ですよ。さすが大手配給会社やることが違います。 今回この作品を見るにあたり少し前にオリジナル版オーメン(1976年製作)を見たんで、大体のストーリーは掴めているし、ビックリポイントがく〜(落胆した顔)や残酷ポイントは分かっていたつもりでしたが…やぁ、さすがは現在の技術です。怖さがパワーアップしておりましたあせあせ(飛び散る汗)

にほんブログ村 映画ブログへ
ストーリーの大筋は、オリジナルに本当に忠実で変わったところは皆無!と言っても過言じゃありません。最初の乳母のダイビング(首に縄付き)に始まり、バタバタとお亡くなりになっていく人達の死に方すらそっくりです。ちょっと違っていたのはジュリア・スタイルズとデヴィッド・シューリスのとこぐらいですかね。その他はほぼ同じです。 携帯電話携帯電話やデジカメカメラパソコンと言った現代のアイテムも出て来てるし(ちなみにダミアンがお母さんを攻撃?するアイテムも、オリジナルでは三輪車でしたが今回はキックボードでした)、昔の作品独特のフィルムの粗さというかドヨヨンと暗い雰囲気がないから、怖くないかな?とウッカリしているとイキナリ、ババーーンどんっ(衝撃)と怖いシーンが出て来るので侮れませんでした。特筆すべきはミセスベイロックですよ。この人のラストがもぉそりゃぁパワーアップしてて、思わずヒィィッって声が出そうになりました。ダミアンに苺を食わせるシーンもなんだか怖かったなぁ。

先日見たダ・ヴィンチ・コードでも、ローマの枢機卿というか派閥エライ人達の集まりみたいなシーンが出てきましたけど、なんであんなに怖いんでしょうね。なんか背後に暗い影というか因縁みたいなのを感じます。日本の違う宗派のお坊さん達が集まっても、あんな雰囲気は出ないのに…何故なんでしょうね?(^^;
06年6月6日、六本木6丁目にあるヒルズヴァージンでダミアンの誕生日パーティーっていう設定で行われた上映会で見てきたんですが、ワタシ的には映画そのものよりも、恐らく配給会社から招待されたんであろう女子高生の皆さんの「キャーーーッ、うわっ、ヤベェ!マジこえぇ!」って声の方が怖かったですたらーっ(汗) 劇場にいるのにジェットコースター乗ってる時みたいな声で叫ぶ人、初めて見ましたよ。ま、怖かったですけどねふらふら

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 14:53| Comment(4) | TrackBack(3) | 【ア】行のreview
この記事へのコメント
カル〜★さん、初めまして!
そして、お帰りなさいませ‥言うのも変ですが、前から見ていましたので。
心配しておりましただよ。
後で、TBさせていただきますね。
Posted by とらねこ at 2006年06月07日 16:43
>とらねこ様
どうも!こんばんは。そしてタダイマです!
心配していただけて、正直嬉しかったです(^^*)
これからもヨロシクお願いいたします。
Posted by カル〜★ at 2006年06月07日 20:54
TBさせていただきました。
私的には、オリジナルに思い入れが強い分、正直、イマイチで、かなりフザケた感じで記事を書いてしまいました。
六本木には、“ダミアンの誕生会”なんて洒落た企画を催していたんですね!しまつた、ヒルズ行けば良かった〜!と、カル〜★さんの記事を読み、思いました。
とらねこは歌舞伎町で見たのですが、やはり高校生がいつもより多かったです。
高校生もおそらく、この「666の日に見ようよ!」なんて学校で盛り上がったんじゃないでしょうか?
鈴木光司『リング』も映画化される前、中高生の口コミで広がり、ベストセラーになりましたが、あの時を思い出しました。
でも、とらねことしては、オリジナルを見ていない人に、これを見て「『オーメン』を観た」と言って欲しくない、「『オーメン』のリメイクを観た」と言って欲しい、そんな気持ちです。

カル〜★さん、こんなところでアレなのですが(何のことやら・笑)、カル〜★さんは“自己紹介バトン”もう書いた事はありますでしょうか?
カル〜★さんの記事を楽しみにしている、ファンの中にも、やはり、カル〜★さんがどういう方か?気になるぅ!と言う、私のような人も、きっといらっしゃるはずです!!
いかがでしょうか?そんなに難しい質問ではありません。もしよろしければ、答えてやってくれないでしょうか?復活を記念して!(笑)
また、こちらに戻って来ますね。
Posted by とらねこ at 2006年06月08日 17:12
>とらねこ様
コメントへのレスが1ヶ月以上も遅くなってしまい、
大変申し訳ありませんでした。
ちょっと色々ありまして(^^; 完全復活するのに
時間がかかってしまいました。

ワタシは、小さい頃からチキンなのでホラーやオカルト系
苦手で…オリジナルのオーメンは、この作品を見るにあたり
つい最近見たんですよ。きっと大人になってから見た
ってのが災いしたのか、なんだかホラーというよりは
サスペンスだなぁ。と思ってしまったんです。
でも、こっちの新オーメンと比べると、オリジナルのが
心的に攻めてくる恐さがあるように思いました。
新宿にも高校生がいっぱいいたんですね!…もしかして
色んなところに高校生の招待客がいたのかしら?!
『オーメン06』とかってタイトルのが、オリジナルを知る
人達にとっては、シックリくるかもしれませんね。
Posted by カル〜★ at 2006年07月18日 11:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/818182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

36.オーメン
Excerpt:    ’06年 6月6日 聖書に記された、悪魔の数字・・・666。    オーメン この日に見られるなんて・・・生きていて良かった。    いやいや、死が近いかも? いずれに..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2006-06-07 17:34

ダミアーン!
Excerpt: \"オーメン\" (US / JP) 6月6日・・・オーメンの初日に行ってきました!しかも、六本木のヴァージンシネマズは六本木六丁目なんですねっ!怖いっ。 さて、映画..
Weblog: Welcome.
Tracked: 2006-06-09 15:20

「オーメン(2006」TVドラマのような薄さ、怖くない
Excerpt: 「オーメン」★★☆ リーヴ・シュライバー、ジュリア・スタイルズ主演 ジョン・ムーア監督、2006年アメリカ かなり期待して劇場へ、 ホーラーやオカルト好き、ゾンビが出てきたら最高。 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-06-20 20:02