2006年06月06日

ダ・ヴィンチ・コード

davincicode-2.jpg

原題…THE DA VINCI CODE
監督…ロン・ハワード
出演…トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/ジャン・レノ

極私的満足度… ○

やっぱ読んどきゃ良かった…
小説やマンガが原作の作品を見る前は、いっつも必ずと言ってもイイほど「見る前に読むか、見てから読むべきか」とすっごい迷う。で、今回は読まずに見てみた。・・・やっぱり読んどくべきだったーーーふらふらっていうのが最初の感想。勿論読んでいなかったからこそ「ちょっと物足りない」なんて気分にはならなかったんだけど、2時間半という尺の中に、あの量の内容を詰め込むんだから、そりゃもぉ展開の早いこと早いこと。字幕を追って内容を理解して…なんだかすごく疲れてしまいました。でも何故だか面白いと思えてしまうのは、名監督の為せる技なのかexclamation&question

にほんブログ村 映画ブログへ
事前に「トム・ハンクスの髪型が笑える」と各国で話題だったけど、ワタシ的にはそんなにヘンだとは思わなかったんだなぁ。なんか大学の教授ってあんな感じじゃない?って思うんだけど。それはさておき、暗号解読なんてのを専門としていると、イキナリ殺人現場に連行されても微動だにしないモンなんでしょうか?思いっきり普通にナゾ解きにかかってましたよねたらーっ(汗)ワタシだったら行っても、あんなスゴイことになってたら絶対に失神しちゃうよ。アメリ(←オドレイ)と一緒に逃げるあたりまでの展開は、なんだかかなり強引な気がしたんですが、その後は結構楽しかったです。ただ、やっぱり日本人には馴染みのないキリスト教の会派問題、聖杯の謎、テンプル騎士団…などなどのキーワードが出てくるので、やっぱりその辺りの知識がないと、見ていても「置いてきぼり食った」感が払拭出来ないままに時間が過ぎて行くような気がする。実際、ワタシが今まで見てきた映画で得た知識を総動員しても、まだまだ全然足りなかったし凹おかげで、ベタ兄がなんであんなサディスティックなことしてるのか全然分からなかったし(^^;

まぁ、でもインディ・ジョーンズナショナル・トレジャーなんかと同じで、謎を一緒に解く…までは行かずとも、謎が解けて行くのを見るのは、やっぱり気分が良かったかな。イアン・マッケランの屋敷で「最後の晩餐」の諸説を聞いてるあたりはすごくワクワクした!あとルーブル行ったことないから、ルーブルの外観や中を垣間見ることが出来て嬉しかったかも。
そーそー、イアン・マッケランと言えば、あの屋敷に入る時に色々と「イギリスのトリビア」みたいな問題を出してきましたが、ワタシ絶対に入れて貰えそうにないわぁ…紅茶にはミルク!とか気分で答えちゃいそうだし(笑)

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 【タ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/815201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『ダ・ヴィンチ・コード』・試写会
Excerpt: 今日はたぶん某テレビ番組で当選した 『ダ・ヴィンチ・コード』の試写会に一足お先に行ってきた! 《私
Weblog: しましまシネマライフ!
Tracked: 2006-08-15 19:26