2006年03月24日

Trouble(原題)

bnor.jpg

原題…Trouble
監督…ハリー・クレヴァン
出演…ブノワ・マジメル/ナターシャ・レニエ/オリヴィエ・グルメ

極私的満足度…△

双子の恐怖
この作品もフランス映画祭にて見てきました! あの独特の発音のせいで、どーも眠たくなりがちがフランス映画なんですが、サスペンスとかスリラーは別です! かなりグイグイ引き込まれる内容でした・・・が、主人公がまったくウリ2つの双子っていう設定だから、どっちがドッチなんだexclamation&questionと多少自分の中で混乱する部分も(^^; 画面の暗さとか後ろ暗い設定とか…結構フランスのサスペンスってどろどろしてますよね。でもそこが面白かったりするワケです。主人公の双子を演じるのはブノワ・マジメル。もースクリーンに出ずっぱりです。どこを切ってもブノワが出て来る!金太郎飴状態です(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ
ある日突然「君には双子の兄がいるんだよ」と言われたら…唖然・ボーゼンですよね。画面の中に2人のブノワが並ぶんですが、顔は全く同じ!(そりゃ同一人物ですからね)なんだけど、何か雰囲気が違うんですよ。ブノワ・マジメルが演技で魅せてくれるわけです。ワタシは気づかなかったんですがバッド(下向き矢印)ビミョーに声色が違ったりスクリーンや背景が暗くなったり明るくなったりしてたそうです。その辺りをポイントに物語を追ってみると更に面白いかもしれません。 奥さん役のナターシャ・レニエ、超カワイイ(萌)こーんなカワイイのに、フランスの女優さんってすごい脱ぎっぷりですよね。彼女もフツーにボロンっと出しておりましたたらーっ(汗) 「ワタシはどんなに似ていてもアナタだって分かる」思わず、ホントかよexclamation×2とツッコミを入れたくなりました。あんなに似てる双子だったら絶対に入れ替わっても気づかないと思うんだけどね。ま、この辺りのやりとりは、物語終盤かなり重要になるので多くを触れないようにしましょう。
ユージュアル・サスペクツサマータイムマシンブルースみたいに、誰かの目線で捉えられた風景。これは後々「あぁ、やっぱりそうだったのか」って思わせてくれます。こーいう演出、ワタシ好きですねぇ〜。

ワタシ自身は、ごくごく普通の2人姉弟でしたから、双子の神秘性ってやつを身を持って体験なんて出来ないんですが、双子の友達によれば、片方が腹痛を起こすと別の場所にいる、もう片方もなんだかお腹が痛い雷ってことは多々あるそうで、似たような夢を見たり同じ感覚を覚えたりってことがあるそうですよ。なんか神秘的なんだけど、ちょっと怖いですよね。学校行ってる時は、宿題が分担出来てイイな〜なんて思ったけど、今この瞬間を体験してるのが、自分なのか?それとも片割れなのか?自分が実は存在しないんじゃないか?なんて体験はしたくないですよがく〜(落胆した顔)
ブノワ・マジメルって、もっとこぉぶっきらぼうで偏屈な性格の人なのかと思ってたんですが、舞台挨拶に立った彼はと〜ってもFunnyな人で、身ぶり手振りでQ&Aに答えてくれるサービス精神も旺盛なイイ人でしたぴかぴか(新しい)
この作品の日本での公開は2006年の予定だそうです。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 【英字】のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/497117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック