2006年03月22日

クラッシュ

crush2.jpg

原題…CRASH
監督…ポール・ハギス
出演…マット・ディロン/ドン・チードル/テレンス・ハワード/ルダクリス

極私的満足度…○

アメリカの本音?
言わずと知れた、2006年アカデミー作品賞をかっさらった作品。受賞前は平日閑古鳥の鳴いていた劇場も、受賞直後から大入満員で先週末からは上映館が増えたらしいexclamation×2オスカーの効果がこんなに如実に現れる作品って珍しいような…。ま、受賞作が公開中ってこともなかなか無いからね。 で、見たくて見たくてよーやく見に行けたワケですが…うーん、やっぱり重たい。ミュンヘンの重たさとはまた違った意味の重さを感じました。

にほんブログ村 映画ブログへ
そもそも、Crashとは何ぞや?と思って辞書を引いてみたら衝突・破壊・墜落・崩壊てな意味らしい。物語は冒頭、車の衝突事故から波及し様々な人種を巻き込んで次々にぶつかり合っていく。 本当に登場人物が沢山いるので、最初その人物関係を把握するのが大変だった。映画が好きで色んな人種の俳優を多少なり知っているから、顔の区別がつくけど、コレそーいう知識のない人が見たら、同じ人が何パターンも演技してるように感じちゃうかもたらーっ(汗) 助演男優賞にノミネートしたマット・ディロン、彼らしいちょっと悪が入った(つーか相当ワル)警官でしたね。そして彼の差別に嫌気が差してる若い警官のライアン・フィリップ。彼の登場時間はもっと少ないのかと思ったけど、最後もなかなか辛辣な演技をしていて。奥さんよりは全然地味だけどイイ仕事していて…ちょっと安心しちゃいました。

日本は歴史の上でも地理的にも隔離されているから、今でも身の回りで日本語以外の言葉が聞えることは少ないし、学校も日本人ばっかりだし、それは会社の中も同じ。他の人種と触れ合うことは、海外旅行にでも行かないかぎり皆無に近い。それが…人種のルツボという形容詞がピッタリなアメリカでは、もぉ街を歩く人は国籍こそアメリカでも元々は全然違う!ってな人ばかり。だからどんな人種も平等(今では)なんだと思っていたけれど、本音は違うんだなぁ…って衝撃を受けました。映画の中だから多少誇張されている部分もあるとは思うけれど、きっとワタシ達旅行者には見えないだけで、それぞれの人種が色んな悩みを持ってソレを隠しながら暮らしているんだろうな。 人種(文化)の違いが引き起こすクラッシュも悲惨だけど、ドン・チードルの「家族間のクラッシュ」は、ある意味一番切なかったかも知れない。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 22:38| Comment(2) | TrackBack(27) | 【カ】行のreview
この記事へのコメント
訪問ありがとうございました〜。
ドン・チードルの役は本当に切なかったですね。家族からも理解されない、彼の帰る場所はどこにあるのでしょうね。こっそり買い物をしてくる彼の姿が印象的だったがゆえに・・・。
どこまでも非情な脚本だと思いました〜。
Posted by カオリ at 2006年04月10日 23:28
>カオリさま
コメント返し、アリガトウございます〜♪
それぞれのエピソードに、悲惨で切なくなるシーンと、ホッと心を和ませ小さいながらも幸せを感じられるシーンがあったと思うんですけど、
ことドン・チードルのエピソードに限ってはカオリさんの仰る通り「彼の帰る場所」はなかったんですよね。一体あの親子の間には何があったんでしょう…
イーストウッドと再びタッグを組む「Flags of Our Fathers」が楽しみです。
Posted by カル〜★ at 2006年04月11日 15:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/491964
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「クラッシュ」
Excerpt: 「Crash」2004 USA/ドイツ 時はクリスマス・シーズン、人種のるつぼアメリカ、LAを舞台に二日間の出来事を描いた群像ドラマ。隠れ??ブレンダン、ファンなので、この映画は楽しみにしていた。ま..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-03-23 00:23

★「クラッシュ」
Excerpt: 2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。 結構知ってる人が出てるから楽しみだった。 アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-03-23 02:58

人種問題がぶつかり合う群像劇◆『クラッシュ』
Excerpt: 2月27日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 冬、クリスマスも間近のロサンゼルス。深夜、ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と、同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2006-03-23 12:38

『クラッシュ』・試写会
Excerpt: 今日は某雑誌で当選した 『クラッシュ』の試写会に行ってきた。 会場は珍しく40代、50代の人が多い
Weblog: しましまシネマライフ!
Tracked: 2006-03-24 00:37

「クラッシュ」人はぶつかり合いながらも、すれ違う
Excerpt: 「クラッシュ」★★★★ サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン出演 ポール・ハギス監督、2005年アメリカ こんなにも人でいっぱいの街の中 絶えず人と人はぶつかり合う。 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-03-30 22:26

クラッシュ・・・・・評価額1800円
Excerpt: 観ている間、自分が映画の登場人物であるかの様な、不思議な感覚で物語に感情移入していた。 この映画は、アメリカの移民社会に暮らしたことのある人間には、まさしく人生に縮図のよ
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-03-31 20:27

■クラッシュ
Excerpt: クリスマス間近のロサンゼルス。深夜のハイウェイで黒人刑事のグラハム(ドン・チードル)は、相棒で恋人でもあるスペイン系のリア(ジェニファー・エスポジト)と追突事故に巻き込まれる。そこで彼は、偶然事..
Weblog: ルーピーQの活動日記
Tracked: 2006-04-01 00:32

クラッシュ
Excerpt: 映画『クラッシュ』を観てきました。 前知識として、舞台がロスであること、マット・ディロン演じる刑事が人種差別主義者であることなどが頭にあったのですが、実際観てみて、人種差??
Weblog: ERi’s room
Tracked: 2006-04-04 13:05

クラッシュ
Excerpt: 本年度アカデミー賞作品賞、オリジナル脚本賞、編集賞を受賞。映画の日見た映画。2本目。 「触れ合いだよ。街中を歩けば、人と体が触れたり、ぶつかったりする。でもロスじゃ、触れ合いは皆無。人々は金属やガラ..
Weblog: [踊]Dance!Dance!Dance!
Tracked: 2006-04-06 22:44

クラッシュ
Excerpt: 社会への警鐘と同時に, あたたかいメッセージも込められた群像劇。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-04-07 10:36

クラッシュ(05・米)
Excerpt: 「交通事故に気をつけよう」とか「人種差別をやめよう」と言う映画ではない。 交通事故や犯罪が多発するロサンゼルス。人種のるつぼ。 そこで生きていくには、刑事も、検事も、TVディレクタ..
Weblog: no movie no life
Tracked: 2006-04-07 22:18

クラッシュ 2006-18
Excerpt: 「クラッシュ」を観てきました〜♪ クリスマス間近のロサンゼルス、刑事のグラハム(ドン・チードル)と相棒リア(ジェニファー・エスポジート)は、高速で事故に巻き込まれる・・・グラハムは、偶然事故現場..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2006-04-08 06:06

映画のご紹介(135) クラッシュ
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(135) クラッシュ-ぶつかりあって、 ぼくたちは、 わかりあっていく。 ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-05-24 21:15

クラッシュ
Excerpt: 今日のイラストはサンドラ・ブロックさん彼女がクレジットの最初にあるので先に描いていましたが、彼女が主人公ってワケではありませんね、この映画。コメディとかが多いので、笑っている顔の方が、印象深いのですが..
Weblog: 何曜ロードショー
Tracked: 2006-07-19 04:22

クラッシュ
Excerpt: 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が極限にまで高まるアメリカの..
Weblog: Extremelife
Tracked: 2006-07-29 11:59

クラッシュ
Excerpt: 2004年度 アメリカ作品 112分 ムービアイ配給 原題:CRASH STAFF 監督・脚本:ポール・ハギス 共同脚本:ボビー・モレスコ CAST サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マ..
Weblog: pure's movie review
Tracked: 2006-07-31 00:09

Crash
Excerpt: 2006年日本公開 監督 ポール・ハギス (ミリオンダラー・ベイビー 脚本) 【ストーリー】 クリスマスを間近に控えたLA 黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア 銃砲店で不..
Weblog: Color My World
Tracked: 2006-08-02 02:16

クラッシュ
Excerpt: 評価:★8点(満点10点)   監督:ポール・ハギス 主演:サンドラ・ブロック ドン・チードル マット・ディロン    ジェニファー・エスポジート 2004年 112min ..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-08-07 15:05

N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督)
Excerpt: 真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-08-12 11:22

クラッシュ
Excerpt: 「クラッシュ」という映画をDVDでみました。第78回アカデミー賞で、作品賞、脚本賞、編集賞を受賞した話題作です。 東宝 クラッシュ ?舞台はクリスマスも間近なロサンゼル..
Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記
Tracked: 2006-09-14 14:21

第78回.アカデミー賞『クラッシュ』(2005)
Excerpt: 作品賞:Crash/クラッシュ 『ポール・ハギス監督』 タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー..
Weblog: Fantastic Cinemas
Tracked: 2006-10-30 15:31

TAKE 39「クラッシュ」(2004年)
Excerpt: 第39回目は「クラッシュ」(2004年)です。 この作品はまず説明からさせてください。 この映画は「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めた ポール..
Weblog: 映画回顧録〜揺さぶられる心〜
Tracked: 2007-01-24 14:29

『クラッシュ』この映画を見て!
Excerpt: 第146回『クラッシュ』  今回紹介する映画は昨年のアカデミー賞で作品賞を始め3部門を受賞した群像ドラマ『クラッシュ』です。 この映画の監督と脚本を手がけたのは『ミリオンダラー・ベイビー』や『父親たち..
Weblog: オン・ザ・ブリッジ
Tracked: 2007-02-26 23:24

映画『クラッシュ』
Excerpt: 原題:Crash 前回の第78回アカデミー賞で作品賞に輝いた作品、ありとあらゆる人種が登場、目を背けたくなるような人種差別が痛々しいが基本的には暖かみがある・・ クリスマス前のロサ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ?祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?
Tracked: 2007-03-02 01:10

殺伐とした行為にいささか食傷で、我もクラッシュ!
Excerpt: こんな街には住みたくもなし、行きたくもなし、冤罪も横行しそうで命がいくつあっても足りないだろう、そんな感想以上はない。これをロスで上映しているのだろうか。
Weblog: この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち
Tracked: 2007-03-07 19:13

『クラッシュ』
Excerpt: [DVDソフト]クラッシュさまざまな人種・立場の人々を登場させ、人種差別や歯車の狂っていくそれぞれの運命を描いたアンサンブルキャストの秀作だと思う。短い各々のエピソードの中に、無理のない程度に登場人物..
Weblog: cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー
Tracked: 2008-03-01 15:00

クラッシュ
Excerpt: 「クラッシュ」 感想 どれほど他人を理解できているのだろうか? 他人を理解できないという恐怖 恐怖からくる自己防衛 自己防衛のため...
Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく
Tracked: 2009-10-28 13:54