2007年06月22日

ゾディアック

zodiac.jpg

原題…ZODIAC
監督…デヴィッド・フィンチャー
出演…ジェイク・ギレンホール/ロバート・ダウニーJr./マーク・ラファロ

極私的満足度…△

やさぐれっぷりがステキ
アメリカで実際にあった未解決事件「ゾディアック・キラー」を題材にしたサスペンスミステリー。事件に関わる者達が知らぬ間に人生のどろ沼にハマっていく様子をリアルに描いた作品でした。主役のジェイクも、終盤に差し掛かる頃には目の下にクマが出来てて、イイ具合にヨレヨレだったんだけど、これ、ナンと言っても登場するなり「あぁ…このやさぐれ具合っていうか、ヨレヨレ具合がステキすぎ」と、久しぶりにオヤジ萌え揺れるハートせずにはいられなかったほど、ロバート・ダウニーJr.がステキだったんですよ。もちろん、演技の方も素晴らしくて、ワタシ的には今年の助演男優は今のとこ彼だ!ってぐらいです。
チラシと予告を見てから、気になって気になって仕方なかった、この暗号が一体どんなシチュエーションで使われるのか?楽しみにしていた作品でした。



てなワケで、楽しみにしていた暗号解読「コードブレーキング」ですが…なんと超チョイキャラにサクッとやられてしまってもうやだ〜(悲しい顔) もーガッカリバッド(下向き矢印)もっと最後まで引っぱって、犯人を追い詰めるアイテムとして登場するんだと思っていたのにぃぃたらーっ(汗)って段階で、ちょっと駄作ムードが漂ってきたんですが、そこは他にも色々と推理させてくれるモンが転がっていたので、平気だったんですけどね。 ワタシは、この事件のことを全く知らないんですが、察するに、この犯人けっこうカルトっぽいことが好きな、社交性のあまり無い(皆無ではない)、一人っ子な感じですよね。年齢は20代後半〜30代前半ぐらい。自分のことをシャレにしてシール作らせたり、ヘンな格好で登場するしね。ありゃ絶対に年寄りじゃないハズ。…とワタシは推理するんですが、実際はなんか違うタイプの人をそれぞれ追ってるんですよね〜。うーん。

同じく未解決事件が題材の韓国映画殺人の追憶を、ふと思い出しましたが、↑この作品は犯人を確定したワケではなく、殺してしまったワケでなく、それとなく「まだ、あなたの近くで生きてるかも知れない」って感じで終わらせていて、上手いなぁ…って思ったんですが、今回のゾディアックは…うーぅぅ、さすがアメリカ。的な終わり方で、2時間半も座らせといてコレかよexclamation×2と掴まえられなかったけど、犯人絶対にコイツだよ!と匂わせて終わるんですよね。何かを考えさせて終わるってのは、アメリカ人には向かないからなんでしょうか。登場する俳優達の演技が光る作品なだけに、ちょっとオチがな…と残念でした。
posted by カル〜★ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 【サ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4451100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック