2006年02月08日

ミュンヘン

munich.jpg

原題…MUNICH
監督…スティーブン・スピルバーグ
出演…エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ

極私的満足度…△

事前勉強が必要だったかも?
トリノ冬季五輪を目前に控えたこの時期に封切、なんともグットタイミングというか何というか…オリンピックもサッカーのW杯も、今はまるで世界の祭exclamationみたいな雰囲気になっちゃってるけど、ほんの30年くらい遡ったら、スポーツというよりは「お国の為」「国家の威信を賭けて」といった物々しい状況だったんだなって痛感。 まぁ、いわゆる「戦争知らない子供達」な世代のワタシとしては、国の威信だとか国家のためなら命や節度も投げ出す…って行為をバカげてる。そー思っているクチだったので、一体どーやったらそういった見解になるのか?ちょっとだけ、ほんのさわりだけなんだろうけど見えたような気がした…。(と思う) 争いごとをテーマにした作品を見るたびに思う。テロの復讐にテロをやっても何の解決にもならない。

にほんブログ村 映画ブログへ
ミュンヘン事件の犯人達を1人づつ暗殺していく、自国ではきっと「英雄」になるかもしれないけれど、他国から見たらそれはミュンヘン事件の犯人達と同じく「殺人犯」だったに違いない。けれど、国の為、ひいては家族を守るため罪の意識に苛まれながらも、ひたすら探しては抹殺していく…相当ツラかったと思う。作品の中で、何度も彼らが食事を摂るシーン、寝るシーン、子供や関係のない市民を気遣うシーンが入ってくる。スピルバーグ監督はきっと「テロリストというくくりの彼らにしてみても、1人の人間であることに変わりはない」そう言いたかったんじゃないかな? 生まれてきた子供を抱き上げるアヴナーは、本当に善良な市民そのものだったし。
重たいテーマの作品だけれど、ヨーロッパ各地の美しい風景と、その当時を彷彿とさせる衣装や小物、とってもキレイでした。ハンス・シジュラーの最期のシーン、まるで絵画のように美しかったです。

その当時(1972年)の記憶がある人ならばきっと、選手村の宿泊施設のベランダで、マシンガンを持って立て籠もっている犯人の映像が思い浮かぶんじゃないかしら?主演のエリック・バナは、来日の際に「あの映像はよく覚えている」そう言ってた。映画の中では、それほど印象的に描かれてはいないけど、世界中の報道の目が集まっている中で起きた事件なので、当時としては相当センセーショナルだったに違いない。 いわゆる社会科で触れる程度の知識(…にしても随分前だから忘れてる部分も多々あり)だから、イスラエルとパレスチナの関係や、モサド(イスラエルの中にあるCIAみたいな機関)とかPLO(パレスチナ解放機構)とかETAといった組織が、どういうモノなのか「?」なままになってしまった。事前にちょっと勉強しておいたら、もっと感慨深いモノがあったかもしれない。
ともかく、色々考えさせられる重たいテーマの作品だけど・・・ストイックだけど家族想いなテロリストを演じたエリック・バナ、ブラックホーク・ダウンのフートの次ぐらいにカッコ良かったっす。ハンチングがイカしてたぞぉぉ!

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 21:24| Comment(10) | TrackBack(38) | 【マ】行のreview
この記事へのコメント
こんにちは♪
TBありがとうございました。
中東問題は複雑すぎますよね〜。
エリック・バナの演技には引き込まれました。ハンチング姿、すごくカッコよかったです!
Posted by ミチ at 2006年02月08日 23:40
>ミチ様
TB返し!アリガトウございました。
そしてコメントまで♪重ねて感謝です。
そうなんです。中東問題、学校で習っただけの知識では、どーにも追いつけなくて…さっきまでネットで文献検索して読んでいました。
はい、ハンチング姿のエリック・バナとてもステキでした。演技も勿論!です。
Posted by カル〜★ at 2006年02月08日 23:46
はじめまして。コメント&トラバありがとうございます。
エリック・バナは苦悩を内に秘めるように、悲しみを宿した雰囲気がいいですよねー。
今作は監督にとって、『シンドラーズ・リスト』と同じように、本当に私的な感情を含んでいると思います。
だからこそ描きたい!そんな作家としての気持ちが込められていますよね。
Posted by どらごん ひろし at 2006年02月09日 11:27
>どらごん ひろし様
トラックバック返しアリガトウございました。
そしてコメントまでお返しいただいて…重ねてお礼申し上げますです。
エリック・バナは完全に向こうの国の人みたいでしたよね。背中からにじみ出る悲しさというか哀愁というか…よかったです。
そうですよね、スピルバーグ監督の「作りたい」「後世に残したい」そういう気持ちもこめられていたような気がしました。
Posted by カル〜★ at 2006年02月09日 21:06
TBありがとうございます(*^-^*)
冒頭に出る当時の報道シーン、これが本当の事件だったんだなぁと生々しいまでに感じました
特殊な機関、組織などのお勉強は私もしていけばよかったな〜と感じました
名前は聞いたことがあっても、どういう人達の集合体かイマイチ分からないのもありました(汗)
Posted by cherry@Cinemermaid at 2006年02月12日 01:01
>cherryさん
TB返し、ありがとうございます。
あの冒頭のシーン、きっと当時のリアルタイムな報道では、もっと生々しかったんでしょうね。劇中のものも目を被いたくなったぐらいでした。
辛うじてPLOだけは、すぐに思い浮かんだんですが(^^; 他の機関は、帰ってきてから慌てて検索して調べてしまったほどです。知ってたらもっと深いとこまで(人物関係)読み取れたのに…と後悔してます。
Posted by カル〜★ at 2006年02月13日 10:03
書き込み及びトラックバック有難うございました。

爆破シーンは、真剣に怖かったです(^o^;;;。それと、飛び散った肉片も、「プライベートライアン」を思わせる怖さが在りましたね。殺されて行く仲間との関係が、「アンタッチャブル」程密なものでは在りませんでしたが、その事が余計に暗殺チームのメンバー達の孤独感&恐怖感を増幅させている様な気がしました。

それと、不勉強ながらエリック・バナ氏をこの作品で初めて知りました。その気は在りませんが(笑)、何ともセクシーさを感じさせる役者さんですね。元々はコメディアン出身という事ですが、これから注目したい人物です。

これからも宜しく御願い致します。
Posted by giants-55 at 2006年03月01日 19:34
>giants-55さま
TB返し&コメントありがとうございます。

「プライベートライアン」はTVで見たんですけど、最初のノルマンディー上陸のシーンだけで、ギブアップしそうでした(^^;
そうですね、メンバーが1人また1人といなくなっていく…そのこともアヴナーには重圧になったに違い有りません。それゆえの、クローゼットで就寝ですよね。

いやいや、まだそう沢山の作品には出ていないんですよ。でも出ている作品はほとんどがブロックバスター(大作もの)なので、レンタルでご覧になれると思います。コメディアンとは思えないシリアスな演技が素晴らしいです! オススメは「ブラックホーク・ダウン」次点で「トロイ」です。

こちらこそ、ヨロシクおねがいします。
Posted by カル〜★ at 2006年03月02日 10:29
「ブラックホークダウン」も観ました!DVDも原作本も持ってます。あれはよかったです。
遺体になっても必ず収容していく姿が印象的でした。デルタフォースとレンジャーの違いも一緒にいるとよくわかりますね。
なことより、「ミュンヘン」は映画だけだと背景がわからないですよね。外国では周知のことなのかもしれないけど。で、今回イスラエルの歴史も調べましたけど、それはブログには載せていません。冗長になるかなって思って。イスラエルとパレスチナのリベンジの連鎖はどうにもならないもんでしょうか?
「プライベートライアン」は映画館でもリアルで観ましたし、DVDも持ってます。あの最初の20分くらいは映画館で観るべきものです。戦争ってもんがわかる気がします。
TBもしてしまいました。
Posted by Hana at 2006年03月10日 10:13
>Hana様
TBとコメント、どうもありがとうございました。
ワタシもBHDは、原作の単行本を持っています。映画もすごかったですが、本の方がずっしりきたのを覚えています。
No mans Behind…誰も置き去りにするな!ですからね。落ちている腕を拾って自分の鞄に入れるのも印象的です。

>ミュンヘンだけだと
まったく同感です。Hana様の書かれた検証を読ませてもらって、納得した部分もあります。
パレスチナ-イスラエルだけに限らず、加害者と被害者のいたちごっこはどうにかならないものだろうか? そう思います。

基本的に血が出る作品(スプラッターに限らず、手がもげたり、手術するシーンがある等)は、非常に苦手なんですが、頑張って劇場で見るよう心がけております。
Posted by カル〜★ at 2006年03月10日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/326687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画館「ミュンヘン」
Excerpt: 1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-02-08 21:44

ミュンヘン
Excerpt: 暗くそして重い内容で時間は3時間近くあったように思いますが、あまりその長さは感じませんでした。むしろ話自体に引き込まれ、気がつけば食い入るように観ていたという感じです。 もとになったこの事件のことを私..
Weblog: まったりでいこう〜
Tracked: 2006-02-08 22:20

映画「ミュンヘン」
Excerpt: 映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がない..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-02-08 23:33

ミュンヘン
Excerpt: 報復が齎す孤独と苦悩
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-02-08 23:55

賛否両論 映画「ミュンヘン」 アカデミー賞はどうか?
Excerpt: 賛否両論や宣伝は控えめになど 話題の多いスピルバーグ監督の 「ミュンヘン」ご覧になりましたか? 「宇宙戦争」に続く新作ですが 流れは「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」の 歴史の裏に隠され..
Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
Tracked: 2006-02-09 00:46

★「ミュンヘン」
Excerpt: 公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-02-09 03:38

『ミュンヘン』ジャパンプレミア
Excerpt:  スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『ミュンヘン』がついに日本でお披露目となりました。  実際に起きたテロ事件を題材にしたこの映画は、不必要に当時の関係国を刺激しないように、公開まで徹底した..
Weblog: DVD映画人ブログ
Tracked: 2006-02-09 11:18

ミュンヘン
Excerpt: 1972年、パレスチナのテロリスト集団がミュンヘンオリンピック開催中に起こした歴史的な大事件とその報復行動を追う、事実をベースにした作品。スピルバーグは社会的影響などを考慮して、何度も監督要請を辞する..
Weblog: 俺の話を聴け〜!
Tracked: 2006-02-09 21:17

ミュンヘン /MUNICH
Excerpt: 試写ホールの古椅子に座って観たらさすがにお尻痛くなった〜{/ase/} 退屈〜ってことにはならなかったけど、やっぱり長い。2時間44分{/ee_3/} 「長いなぁ、、、。」と思い始めた頃、意外とあっ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-02-09 22:34

ミュンヘン
Excerpt: 事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-02-10 11:04

ミュンヘン
Excerpt: アメリカ  監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ     ダニエル・クレイグ     マチュー・カソヴィッツ     ジェフリー・ラッシュ 1972年9月ミュンヘ..
Weblog: Saturday In The Park
Tracked: 2006-02-10 14:27

ミュンヘン
Excerpt: 本日は朝から首が痛く夕方になっても治らなかったのだけど2時間44分のミュンヘンを観に来ました。話に盛り上がりはなかったものの平和ってなんなんだろう?正義ってなに?と悩まされる映画でした。ただ中東問題や..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2006-02-10 15:26

【劇場鑑賞12】ミュンヘン(MUNICH)
Excerpt: 1972年ミュンヘン・オリンピック 世界は11人のアスリートが 殺されるのを目撃した この映画は、その後の物語である。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-02-10 20:49

『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました
Excerpt: 『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-02-10 22:56

「ミュンヘン」
Excerpt: 「ミュンヘン」 公式サイト 劇場鑑賞 ゆづあげの好き度 ★      (満点は★5個) 2006年2月4日公開   民族としての誇り、祖国への誇り・・・。 残..
Weblog: ●○ゆるゆるシネマ感想文○●
Tracked: 2006-02-11 19:20

ミュンヘン
Excerpt: "ミュンヘン五輪虐殺事件"が起きた1972年当時、8歳だったのでテレビを観た記憶はないのだが内容は漠然と知っている きっかけはPFLPのバックアップを受けていた日本赤軍が起こ..
Weblog: Cinemermaid
Tracked: 2006-02-11 21:05

ミュンヘン
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人間の哀しく愚かな本質をみる
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-02-12 16:50

ミュンヘン
Excerpt: エンドロールが流れ始めてもあたし、暫く席を立てなかったわ。 強烈な虚脱感に襲われた、というか茫然と何も考えられない状態のまま出口に向ったのを記..
Weblog: ちつ子の調教シネマCAFE
Tracked: 2006-02-12 18:54

映画「ミュンヘン」を観て来ました 
Excerpt: 映画「ミュンヘン」を観て来ました。 スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、事件に関わった人々のコメントや、史実に基づいて映画化した..
Weblog: ブツヨク人 〜 GOのハッピー?!ライフ ブログ 〜
Tracked: 2006-02-13 22:31

あなたはミュンヘンで感動したかい?
Excerpt: スピルバーグのミュンヘンを見ました。 実話にもとづく映画は、本当に重いですね??。 それにしても、あんな簡単に街中でガンガン殺しができるんですかね??。 できたとしてもつかまるでしょ..
Weblog: Shinri-Xの毎日楽しく頑張っていこう!
Tracked: 2006-02-13 23:56

スティーブン・スピルバーグ渾身の作 『ミュンヘン』 
Excerpt: 賛否両論うずまく「ミュンヘン」。 見終わった率直な感想は、 この世界って、実はどこまでいっても暗闇で 光なんてありはしないんじゃないかってこと。
Weblog: VIVA!ちどりあし
Tracked: 2006-02-14 17:42

映画『ミュンヘン』は、『SAYURI』にも匹敵する一大国際プロジェクトでした。
Excerpt:  エリック・バナ(もしくはダニエル・クレイグ)が、考え込んでしまっているかように、がっくり肩を落として座っているシルエット。  映画『ミュンヘン』の予告編から事前に私が得たイメージ映像はこれだけでし..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-02-15 01:00

映画「ミュンヘン」
Excerpt: 2006年5本目の劇場鑑賞です。劇場で観ました。「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」のスティーヴン・スピルバーグ監督作品。「この映画は史実に基づいた物語である。」から始まりました。内容はて..
Weblog: しょうちゃんの映画観賞日記
Tracked: 2006-02-16 02:22

ミュンヘン
Excerpt: ミュンヘンも マンハッタンも ターゲット   なぜ今ミュンヘンなんだろうか。もちろん時間が経たなきゃ描けない時代を左右する事件は、いつか歴史が判断するまで待たねばならないかもしれない。しかし..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2006-02-16 22:56

社会派超大作「ミュンヘン」見てきました
Excerpt:  30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-02-18 20:28

『ミュンヘン』
Excerpt: 「今はいがみ合っている者同士でも、人間的なコミュニケーションを続ければ、いつかはそれが、殺し合いの抑止力になる」 そう感じさせられるシーンがいくつも。
Weblog: ストーリーの潤い(うるおい)
Tracked: 2006-02-20 01:30

『ミュンヘン』★★★★・91点
Excerpt: 『ミュンヘン』公式サイト 制作年度/国;'05/米 ジャンル;社会派ドラマ               配給;アスミック・エース  上映時間;2時間44分  PG−12 監督;スティーヴン・スピルバー..
Weblog: ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ
Tracked: 2006-02-22 14:42

「ミュンヘン」
Excerpt: 「Munich」2005USA スティーヴン・スピルバーグ(シンドラーのリスト/1993)が監督、主演は「トロイ/2004」のエリック・バナ。原作はノンフィクション小説“標的(ターゲット)は11人/モ..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-02-22 22:07

「ミュンヘン」
Excerpt: 今から34年前の1972年、西ドイツ(現在のドイツ)のミュンヘンでミュンヘンオリンピックが開催された。開会式は8月26日に行われたのだが、それから10日後の9月5日に世界中を震撼させる大事件が起こった..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2006-03-01 04:41

[Movie] 2度の劇場鑑賞、スピルバーグのMUNICH(ミュンヘン)
Excerpt: 前回観たのがタイ公開初日の2/9だったので3週間近く前。日本でもとっくに公開中でタイミング的にはズレたかもしれませんが、週末(日本では3/6早朝)アカデミー賞発表もありますし。 f:id:taideo..
Weblog: タイで想う日々の日記
Tracked: 2006-03-01 17:02

『ミュンヘン』この映画を見て!
Excerpt: 第58回『ミュンヘン』見所:「暴力の連鎖の哀しみと虚しさ、そして暗殺者たちの苦悩。」  つい先日トリノで冬季オリンピックが行われ、各国の選手が世界一を目指して競っていました。オリンピックは古代ギリシア..
Weblog: オン・ザ・ブリッジ
Tracked: 2006-03-05 00:59

映画「ミュンヘン」
Excerpt: 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ マチュー・カソヴィッツ 公式サイト ママの評価☆☆☆☆★(☆4つ) 昨日やっとやっと観て来ま..
Weblog: 渋谷でママ気mama徒然日記
Tracked: 2006-03-07 05:26

『ミュンヘン』〜加害者は?被害者は?裁くことができるのは?
Excerpt: 先週の木曜日は、ホントに申し訳ありませんでした。Hanaの灰色の脳細胞はイスラエルとパレステナでいっぱいいっぱいになっています。容量不足って話もありますが。今回は『ミュンヘン』を検証します。で、話は変..
Weblog: きれい組 スタッフルーム
Tracked: 2006-03-10 10:01

ミュンヘン−(映画:今年33本目)−
Excerpt: 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシ..
Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
Tracked: 2006-03-11 01:42

『ミュンヘン / MUNICH』 ☆今年20本目☆
Excerpt: 『ミュンヘン』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/syriana/原題:MUNICH製作:2005年アメリカ監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:エリック・バナ/..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2006-03-23 06:41

ミュンヘン
Excerpt: 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 164分 監督 スティーヴン・スピルバーグ 原作 ジョージ・ジョナス 脚本 トニー・クシュナー 、エリック・ロス 音楽 ..
Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
Tracked: 2006-08-24 21:59

ミュンヘン 06年169本目
Excerpt: ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなの..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-09-06 12:43

ミュンヘン
Excerpt: スピルバーグの社会派映画。 DVDで鑑賞。 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、 パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー(黒い九月)”による イスラエル選手団襲撃事件が..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-03-11 18:33