2006年01月19日

スタンドアップ

no-image.jpg

原題…NORTH COUNTRY
監督…ニキ・カーロ
出演…シャーリズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ショーン・ビーン

極私的満足度…○

女はつらいよ。
この作品も昨年(2005)のトロント映画祭に出品されていたので、邦題よりも原題の方を覚えていただけに、邦題どうなのexclamation&questionって思ったんだけど、映画を見てみると「あら、やっぱスタンドアップのがイイかもしんない」って思った。トロントではポスターしか見てなかったので、てっきり「北の大地で繰り広げられる、重厚な人間ドラマ」なんだと思ってたの(^^; それが日本のTV CMは、半ばコメディみたいな感じだったからアレレ?だったんだけど、CMの作りが悪かっただけで重厚ではないにしろ、男女平等が叫ばれるようになった先駆け的な事件が題材でした。ゆえに少々エグイとこもあってショックでしたね。こりゃ確かにレイティング入っても無理はない…。

にほんブログ村 映画ブログへ日本も今でこそシングルマザーも、女性のガテン系職への進出も「どってことないじゃん」って思われているけれど、男女平等アタリマエexclamationなアメリカも30数年前には、こんなに酷いつーか卑劣な事が日常的に横行していたなんて…しかも女性はソレに耐えるだけだったなんて…本当にショックでした。だって、仕事は同じことしているのに、女ってだけで風俗嬢扱いよ?尻を撫でるなんてハンパなもんじゃないのよexclamation×2ワタシは女性なのでどうしても主人公ジョージー贔屓になってしまって、見てる最中は軽く男性不審状態(苦笑) ジョージーの父をはじめ、鉱山夫の行動があまりにも酷いものだったので、その反動でショーン・ビーンやウディ・ハレルソンがすんごい紳士に感じられちゃった。ショーン・ビーンの妻に対する献身的な看護と、ジョージーの息子を諭す台詞にはウルウルきちゃうほど感動。彼の妻役のフランシス・マクドーマンドも相変わらず素晴らしい演技でした。

多少の脚色はあると思うんだけど、実際にアメリカであった世界初の集団セクハラ訴訟がモトのお話。この物語に出て来る彼女達の立ち上がる(スタンドアップ)勇気があったからこそ、今は会社の中でもよほど信頼しあってる人同志でないと、肩をポンっとすらしないぐらい男性も気をつかってくれるし、家に帰れば多少の家事もお手伝いしてくれる。何でもそうだけど、先駆者って本当に勇気がいるなぁって痛感。
ジョージーの長男、まさかそーいう理由で出来た子供だったとは…これもショッキングでした。普通堕胎しちゃうでしょ?よく平気で愛情注いで育てられたなぁ…その事実を知った時のお父さん(ジョージーの)、やっぱり父ですね。そりゃ憎かったろうと思います。うん。
【余談】やー、トロントで生のシャーリズ見た時には思わず、その美貌に鳥肌がたったぐらいでした。で、今作では炭坑で働いてるっつうことで顔はススだらけ、オッサンなヘルメット着用&作業着。そして瓶底のようなスス避けグラスもかけてるんだけど、それでもシャーリズはキレイでしたね。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 14:16| Comment(3) | TrackBack(8) | 【サ】行のreview
この記事へのコメント
カル〜★さん、TBありがとうございます!
私もアメリカでもこんな事実があったなんて映画を観て驚きました。とても見ごたえのある映画でいいのに、、CMが安っぽい作りでがっくりでしたね。
Posted by ユッキ at 2006年01月20日 09:44
>ユッキさん
コメントありがとうございます。
今のアメリカって国のイメージからは、とても考えられないようなことが実際にあったんですよね。映画の中のTV(法廷)シーンも実際の映像でしょうし…。
あのCMは失敗ですよね。あれだとコメディを期待して見に来る人がいると思います。
Posted by カル〜★ at 2006年01月20日 10:11
TBありがとう。
炭鉱という、一次産業の特殊性もあるかもしれませんけどね。
労働者は、雇用に不安を抱えており、それが、女性、少数民族、出身、身障者というように、労働者が労働者を疎外する、というようになりますね。
ここでの約20年ぐらいの、労働環境争議が、いまの、この社会の一定の権利獲得に、大きな役割を果たしたことになりますね。
Posted by kimion20002000 at 2006年07月18日 12:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/279678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『スタンドアップ』
Excerpt: モンスター 通常版 『Aliiy』編集部のナオです。 お待たせしました! 『Aliiy』の人気コーナー"シネマdeキレイ"が本日更新しました。 今回は『スタンド..
Weblog: Aliiyブログ
Tracked: 2006-01-25 13:30

スタンドアップ
Excerpt: (ネタばれ注意) 原題は「North Country」 サクセスストーリーだからスタンドアップかと思いきや 法廷で弁護士がみんなを 「勇気をだして立ちあがれ!」 と喚起したセリフだったのね ..
Weblog: T嬢の きまぐれ Live☆Like☆This
Tracked: 2006-01-25 21:28

大切なものを守るために立ち上がった女性◆『スタンドアップ』
Excerpt: 1月16日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 暴力の耐えない夫のもとから、二人の子供を連れて実家へ向かって飛び出したジョージー(シャーリーズ・セロン)。しかし、実家の父親は彼女を暖かく迎えてはくれ..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2006-01-25 22:35

スタンド アップ
Excerpt: 「モンスター」で美貌以外のところでも十分に勝負できる女優であることを証明して見せたシャーリーズ・セロンの主演作です。 夫の暴力に耐えかねて離婚し、故郷の北ミネソタに帰ってきたジョージー(シャーリ..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-02-01 20:59

『スタンドアップ』・試写会
Excerpt: 今日は某テレビ局で当選した 『スタンドアップ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★
Weblog: しましまシネマライフ!
Tracked: 2006-03-24 00:39

NO.159「スタンドアップ」(アメリカ/ニキ・カーロ監督)
Excerpt: シャーリーズ・セロンはハリウッドの、 ゴシップや乱痴気騒ぎや虚飾には染まらない。 シャーリーズ・セロンという女優は、僕たちが漠然と想像する、ハリウッド・スターという枠組みから、はみ出している。 美..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-07-09 19:20

59.スタンドアップ
Excerpt: 「クジラの島の少女」のニュージーランド人監督、ニキ・カーロの、シャーリーズ・セロン主演による社会派ドラマ。セクハラに対して敢然と立ち向かうというテーマが、見る気になれなくて、DVDになってようやく手を..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2006-07-21 22:07

映画鑑賞感想文『スタンドアップ』
Excerpt: さるおです。 『NORTH COUNTRY/スタンドアップ』を観たよ。 監督は『WHALE RIDER/クジラの島の少女』のニキ・カーロ(Niki Caro)。 原作はクララ・ビンガム(Clara B..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2006-09-26 20:57