2006年01月16日

あずみ2 Death or Love

azumi2-kr.jpg

監督…金子修介
出演…上戸彩/上戸彩/石垣佑磨/小栗旬/栗山千明/遠藤憲一

極私的満足度…△

シリーズ2作目の罠
シリーズモノの第2弾って、往々にして前作よりも質が落ちるし面白くなくなるって定説があるけど(ワタシの中だけかもexclamation&question) この作品もしっかりと、その定説にハマっちゃってる感が否めませんでしたバッド(下向き矢印) 出演者は、新キャラが増えたものの、あずみは上戸彩のままだし、ながらもいるし…前作では序盤でいきなり消えちゃってショックだった小栗君も再登場して、でもって前作にもいたオバカ3人組も生まれ変わって(?)再登場してるんだけど、なんででしょ?どーにも面白くなかったんです。 刀アクションも前作同様みんな頑張っていて、見劣りしなかったんだけどなぁ。うーんナゼだっふらふら

にほんブログ村 映画ブログへ理由を挙げるなら、まず監督が違うから…なのかもしれない。でもワタシは金子監督もとくに嫌いじゃないんだけどね。平成ガメラ3部作なんて何度見ても面白いexclamation×2って思うぐらいだし。それから、1カ所ここはいらねぇだろ?そう思うとこがあったんですよ。金子監督は、若かりし頃日活(ロマン○○○)でお仕事してたこともあって、そのせいかどうか?は分からないですけど、今回高島礼子と平幹二朗のアッハ〜ンキスマークなシーンが入ってるんだよねぇ(;´Д`A ま、確かにサブタイトルがDeath or Loveだから入れたのかもしんないけど、これはいらなかったんじゃ?だったらむしろ、あずみと銀閣のキスシーンとか入れた方が良かった気がするよ。 そうそう、前作と比べて敵キャラの魅力ってのも欠けてるような気もしました。これも大きな原因かも?映画もゲームも敵キャラのファンが出来ちゃうぐらい魅力的でないと面白みがないんだよね〜。

と、まぁ散々にコキおろしてしまいました…今作で唯一良かったのは、新キャラの栗山千明(すでにキャラ名忘れたあせあせ(飛び散る汗))ですね。彼女は良かった! 最初の天真爛漫なキャラから一転した時は「やっぱりか!」と思ったけど内心「待ってました!」とも思ったほど。もう少し強かったらもっとよかったんだけどなぁ〜残念。高島礼子よりも、彼女の方をボスキャラにした方が絶対ウケたと思う。高島礼子のあの戦闘服(pierced nippleみたいなやつ)あんなん絶対弱そうだし、イケてないわ。
チラシ、整理が追いついてないので…既に入力済な韓国版で。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 【ア】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/273800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

あずみ2 Death or Love
Excerpt: 2005 日本 112分 【監督】金子修介 【脚本】水島力也 川尻善昭 【出演】上戸彩、小栗旬、石垣佑磨、栗山千明、前田 愛、北村一輝、平幹二朗、高島礼子 他 【製作統括】近藤邦勝、森隆一、亀井修、..
Weblog: 酒池肉林・映画歓楽街
Tracked: 2006-02-17 13:41