2006年01月12日

炎のメモリアル

ladder49-1.JPG

原題…LADDER 49
監督…ジェイ・ラッセル
出演…ホアキン・フェニックス/ジョン・トラボルタ/ジャシンダ・バレット

極私的満足度…○

比べるとどうしても…
消防士(ファイアファイター)の映画って言ったらコレ!っていうぐらい有名な作品バックドラフトと、どうしても比べてしまうんですよね、この炎のメモリアルは消防士の映画だけど、ちょっと前者とは異質だから比べてはいけないんだろうけど…そして、前者がワタシ的にかなりのお気に入りなので、どーしてもコッチは劣ってしまうんですよねぇ。とは言えコレも良かったですよ。うん。ホアキンの暑苦しさがイイ方向にいきてるしね〜。トラちゃんも久々にフツーにイイ人でした。そして、24(シーズン2)ではキレた父親がく〜(落胆した顔)だった(マシソンね)ビリー・バークも今回はナイスガイでした(印象変わるねぇ)


にほんブログ村 映画ブログへジャック(ホアキン)は、自ら志願して消防士になったんだけど、トラちゃんは親父さんが…そしてジャックを最初に悪戯にハメるレイは、兄貴が消防士だったから…。あと最初に書いた『バックドラフト』の主人公は、やっぱり兄貴が消防士そして父親も消防士。どーも消防士ってのは親兄弟への憧れで志願する傾向が強いのか?この作品見て最初にそう思いました。どちらの作品でも消防局で出す大きな葬儀のシーンが出てくるんですが、子供ながらにあの様子を見たら「パパは(兄さんは)立派な人だ。僕も将来は…」って思うんだろうね。
ワタシは女性ですんで、どっちかっていうとリンダ目線で見てしまいました。天職というか旦那が誇りを持ってやっている仕事だから続けて貰いたい反面、家族のことも考えてよ!ってね。家の前に赤い車が停まった時の感覚は、きっと一生忘れられないんだろうな。

消防モノで映画!は、前述の通りなんだけど、漫画で言うならちょっと前にドラマ化されましたが『め組の大吾』ですねー。コレ日本のドラマだと放送期間の問題とか費用の問題で、漫画の面白さがほとんど伝わらなかったんですけど、ハリウッドでお金かけて映画化してくんないかなぁ…ドラゴンボールの実写より全然面白いと思うんだけど。。。と兼ねてからおもっているワタシです。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 15:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 【ハ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/267065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

炎のメモリアル
Excerpt: 『炎のメモリアル』 2004年アメリカ(116分) 監督:ジェイ・ラッセル 出演:ホアキン・フェニックス    ジョン・トラヴォルタ    ジャシンダ・バレット  ..
Weblog: WILD ROAD
Tracked: 2006-01-13 22:41

激しい炎の裏側・・・「炎のメモリアル」
Excerpt: ハッキリいうと何てことのない映画なのですが、構成がいいです。
Weblog: 取手物語??取手より愛をこめて
Tracked: 2006-10-17 21:10