2006年01月10日

チキン・リトル

chickinlittle.JPG

原題…CHICKEN LITTLE
監督…マーク・ディンダル
声優…ザック・ブラフ/ジョーン・キューザック/ゲイリー・マーシャル/スティーブ・ザーン

極私的満足度…△

最近の子供って…
2005年ラストのレディスデイで見た1本。ワタシてっきりエンディングはO-ZONEの「のまのまいぇ〜♪」なのかと思ってたら、違ったのね〜。あのネコが踊るヤツよりも、チキンリトルのが可愛かったからウッスラ楽しみにしてただけに…ま、イイんだけど。
お子ちゃま達がメインで見る映画だから、字幕上映劇場を探すのが大変でしたたらーっ(汗)アニメだから別に吹替えでも構わないんだけど、どーしてもスティーブ・ザーンの声のブタさんが見てみたかったのよ(笑)そして案の定見てる最中は、リトルよりもブタさんに目(つうか耳か)を奪われていたワタシです。妙に似合っててね可愛かったな〜ん黒ハート もちろんリトルも可愛かったけどね、炭酸飲料でロケットのように高いところに行くのとか、道ばたに落ちてるガムであわや大惨事になっちゃうとことかね(笑)魚が顔だけ金魚鉢に入って歩いてたり、車に乗ってたり…といった描写は「いかにもディズニー」らしい。子供が喜びそうね〜るんるん


にほんブログ村 映画ブログへ「空が落ちてくるよ」の一言で、一躍(?)狼少年になっちゃって、後はお決まりコースのいじめられっ子。このあたりは、日本もアメリカもそう変わらないんだねぇ。リトルには少ないけど、友達がいるのが救いだけど…彼を憎からず想っている世話好きなアビー、彼女みたいな子ってクラスに1人ぐらいいるよね〜。およそ子供用とは思えないような(多分)雑誌を持ってるとこがウケるわーい(嬉しい顔) ウケると言えば、途中で出て来る宇宙人がトウモロコシ畑でミステリーサークルを作るのはサインみたいでこれもウケたな〜。

子供向け作品だし、ディズニーだし…ってことだから、もっとファンタジーぴかぴか(新しい)っつうか夢がある〜みたいな作品だと思っていたんだけど、蓋を開けたらかなり現実的なテーマ(いじめ・親子関係)の作品でしたね。ちょっとビックリ…そして、今の子供達って大変だなぁ〜と思ってしまいました。チキンリトルもお父さんを喜ばせる為に、自分が好きでも得意でもない野球をしていて、相当けなげだったけど「親のために」って思って自分を犠牲にしてる子が沢山いるってことだよね。なんだか切ないねぇ。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 【タ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/259732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

チキン・リトル(2005):Chicken Little
Excerpt: ディズニー・スタジオ初の長編フルCG作品!ということで、意気込みだけはすごかった作品。 前評判では散々の言われよう、しかしふたを開けると全米No.1。 疑問と不安を残したまま2D字幕版での鑑賞。 ..
Weblog: 昨夜の一杯
Tracked: 2006-01-10 15:43