2005年12月26日

ノエル

noel.JPG

原題…NOEL
監督…チャズ・パルミンテリ
出演…スーザン・サランドン/ペネロペ・クルス/ポール・ウォーカー

極私的満足度…○

クリスマスの奇蹟
うーん、ホントはクリスマス・イヴにReview書こうと思っていたのに。遅くなってしまいましたけど…この作品、クリスマスが近くなってきた頃(そーだなぁ12月に入ってからかな)に見るのがイイかもしれませんね。もちろんイヴやクリスマス当日に見るのもまた格別かもしれない。ちょっと見る季節が限定される作品です。 クリスマス間近のNYの賑わいだとか人々の日常生活が垣間見れる、日本のバカっぽいクリスマスではなく「これが正しいクリスマス」ってのが見られる作品でもありますクリスマス

にほんブログ村 映画ブログへエリザベスタウン、それからShall We Dance?そしてこの作品と…スーザン・サランドン今年は脇役ながら非常に良い作品に出て、素晴らしい演技を見せてくれてます。出だしの旧友とのシーンでの見栄の張り合いや、ペネロペちゃん家の中のシーンや、バーでの不幸自慢などなど「ここまで淋しいクリスマスは他にないだろ」ってぐらい痛々しい女性を見事に演じております。彼女のお話「明石家サンタ」に出したら採用されそうなイキオイですよふらふら
病院の中で迎えるクリスマスや、お正月って本当に切ないですよねぇ。日本の病院でも小児科病棟なんかではクリスマス会やオーナメントの飾り付けはしてくれるけど(そんな逸話もこの作品に入っております)
ペネロペちゃんの方は、なんだかこっちも大変そうでした。ポールと2人で下着姿で踊ってる彼女は本当に可愛くて、そりゃポールがストーカーまがいの乱暴な彼氏になっちゃうのも分からなくはないです。すげーカワイイ揺れるハート

いくつかの、心暖まるストーリーが詰め込まれたこの作品。クリスマスムードでほのぼの〜るんるんって気持ちにもなるけど、自分の周りにある、気づかないだけのシアワセ。とか「これだけは譲れない」って何かに気づかされる、何かちょっとした機会を与えてくれる作品でもあるんじゃないかな? 大掃除が終って、ひとりでゆっくり見てみるのもいいかもね。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ナ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/226454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック