2006年11月27日

ディパーテッド

departed.jpg

原題…THE DEPARTED
監督…マーティン・スコセッシ
出演…レオナルド・ディカプリオ/マット・デイモン/ジャック・ニコルソン

極私的満足度… △

オリジナルは未見のままで
新宿シネフェスにて見てきました。公式サイトに「来日レポート」なるコンテンツがあったので、えー(長音記号1)誰か来日するのexclamation&questionとにわかに期待しましたが、全く何もありませんでした(^^; 2年前…になるのかな?香港の映画興業記録を塗り替えた大ヒット映画インファナル・アフェアのハリウッドリメイク。リメイク権争奪戦の結果スコセッシ(&レオ)が獲得したこの作品。 各キャラクターが色々な思惑を孕んだ緻密な人間模様が面白かったオリジナル。果してHollywoodがそれをどこまで再現してくれるのか?レオの演技はどうなのか?色んな意味で楽しみにしていた1本でした。

原作は香港で地元マフィアとフィリピン(…だったっけ?^^;)マフィアの凌ぎ合い+警察が絡む。といった構図だったのに対し、今回はボストンでアイリッシュマフィアとイタリアマフィア、そして警察という構図でした。場所をボストンにしたことで、すでにアイルランドVSイタリアになるのは納得。(処刑人を見ると、その背景が分かるかも)この背景設定は実に上手いとこ選んだなぁと感心したんですが、どーにも腑に落ちないというか、ちょっと残念だった点がいくつかバッド(下向き矢印) ま、インファナル〜は3部作ですからね…それを1本でまとめてしまうんだから、どうしても歪みが出て来るのは仕方ないんですが。まずはマーキーマークマーク・ウォールバーグの役。果してこの役は必要だったんでしょうか?ワタシ自身マークは好きなので見ていてウットリしたんですが、このポジションはオリジナルにはないものでしたからね。そしてオリジナルではケリー・チャンが演じていた女医さん。この役もいまいちビミョウでした。えぇ?そっちとくっつくの?って。そして決定的にダメだったのがラストに出て来る1シーン(ネ●ミ)。あれは最悪でした。なんだってあの1シーンを入れたのか?とスコセッシ監督に聞いてみたいぐらい。Hollywoodリメイクって、やっぱ大味になっちゃうんだなぁ…って残念でした。

とにかく、これはワタシがオリジナルを先に見てしまったがために感じた不満だと思うんですよね。だから、来年見にいかれるレオ並びにマット、マークのファンの方々。オリジナルは見ないままで新鮮な状態で劇場に行かれることを激しくオススメいたします。
「今度こそオスカー!」の呼び声が高いレオは、確かにノミニーするかも?と思えるだけの迫真の演技をしていたし(踊る〜の室井さんとタメはるぐらいの眉間のシワ!!)、いつもと違った感じの役をしていたマットも素晴らしかったし、何よりもジャック・ニコルソンのマフィアのボス!これは激しく似合ってました。オリジナルのボスより茶目ッ気が少々足りない気もしないではないけどね。 そーそー、最後に24-TWENTY FOUR-のシーズン3に出てたチェイスことジェームズ・バッジデールが出ていてちょっと嬉しかったかも〜ハートたち(複数ハート) 男前健在で安心したわ〜。でも坊主頭のがカッコイイな。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 14:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 【タ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1853341
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ひと足お先にディパーテッド。
Excerpt: 一足お先に<ディパーテッド>見てきました!久々の「動くレオ」に加え、豪華キャストなので楽しみでしたvvしかし、やっぱりリメイク作品となると、「まったく同じ」というのを意識してしまう悪い癖が。そうすると..
Weblog: Sour Cherry Pie.
Tracked: 2006-11-27 18:03