2006年11月24日

僕の大事なコレクション

teverythingis.jpg

原題…EVERYTHING IS ILLUMINATED
監督…リーヴ・シュライバー
出演…イライジャ・ウッド/ユージーン・ハッツ/ボリス・レスキン

極私的満足度… ○

3人と1匹の奇妙な旅
ホントは劇場まで足を運ぶ予定だったのに…単館系の劇場って、なんでシブヤばっかなんでしょうもうやだ〜(悲しい顔)ちと遠いし、あの人込みがネックバッド(下向き矢印) 残念ながらCD鑑賞になってしまったけど、見てみたら…やっぱり大きなスクリーンで見てみたかったな。と思ってしまうほど美しいウクライナの田園風景と、年齢も生き方もバックボーンも全てが違う奇妙な3人の男と1匹のマッドドッグ(だけどとってもCUTE、メスなのに名前がサミー・デイヴィス・Jr.ジュニア>爆)が織り成す不思議な雰囲気が堪らない! じんわり、そしてほのぼのしちゃうロードムービーでした。チラシとDVDのジャケットからはコメディを連想させられちゃったので、ちょっと意外でしたけど。ワタシは結構こーいうの好きでするんるん

学校の宿題なんかで「自分の祖先について」とか「自分のルーツを探る」とかいったレポートを書かされた記憶はあるものの、この主人公ジョナサン(イライジャ)みたいに、自らお金を出してまで色々調べたいと思ったことはないんだよねぇ。そこはやっぱり島国ニッポンだからなんでしょうか。他の国はなにかしら移民であったり、ヨーロッパのように地続きで色んな国の人が行き交う土地だったりで、そのルーツも1カ所では留まらないだろうからね。
ワタシ自身も旅行の時に必要な英語ぐらいしか喋れないから、こんな土地に行ったら絶対に通訳さんが必要なんだけど。ちょっとどーなのよ(笑)みんなアレックスみたいにテキトーなのかしら?(^^; まぁ間違っちゃいないけど、いまいちニュアンスが…って感じ?それでもなんとか伝わっていくのは、人柄なのかな。アレックスみたいに間違っててもイイから物おじせずにガンガン喋っていかないと、他言語なんて覚えられんないんだよね。きっと。ラテン系の訛も聴き取りづらいけど、この東欧系の訛っつうのかな。スゴかった。とくにRの発音ね。Yourなんてヨルだもん。(ま、日本人のジスイズアペンも酷いけど)
奇妙な旅は、なんとも美しいヒマワリ畑と月明かりの川原でIlluminated(探していた問題に光が当たる=解明)と相成るんだけれどジョナサンの探し物を見つける旅だったのに、なんだか他の2人も色々解き明かされてしまうとこが不思議でした。おじいちゃん。最後にリスタさんの家で何十年も背負って生きてきたものを告解して、満足したんだろうね。

それにしても、ジョナサンの部屋はすごかったですね〜。ま、それに負けないぐらいリスタさんのお部屋もすごかったけど。ワタシも一応周りからは「コレクター」扱いされてるけど、いやはや2人の足元にも及びません(笑) ジャガイモ(茹で)なんて腐っちゃうと思うんだけどなぁ。あと掴まえたバッタ!あれも一体どーやって保存しとくんだろうか(^^;
イライジャの演じたジョンファンジョナサンもかなりキテるキャラだったけど、やっぱアレックス(ユージン)には負けちゃうんだよね。これが俳優初挑戦とは思えない成りきりっぷりが素晴らしいですexclamation×2・・・でもね、そんな彼よりも強烈なのは、やっぱりサミー(犬)なんだよなぁ〜。ナイスキャラだよわーい(嬉しい顔)

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1815363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック