2008年05月19日

僕の彼女はサイボーグ

boku_cyborg.jpg

監督…クァク・ジェヨン
出演…綾瀬はるか/小出恵介/桐谷健太

極私的満足度… △

途中まではなぁ・・・
ハリウッドでリメイクも決まっている猟奇的な彼女のクァク・ジェヨン監督が、まるまる日本人のキャストを使って、作ったこの作品。猟奇的な〜は、まだ今みたいに強烈な○流ブームが起こる前の作品だったから、ワタシも見て「面白いなぁ」って素直に思えた作品だったんだよね。で、その監督さんだから…ってことで、ちょっと楽しみに見に行きました。やぁ、面白かったぁ。綾瀬はるかの傍若無人なサイボーグっぷりは、見ててすっげぇ笑えるハートたち(複数ハート) 小出君のキョドりっぷりもなんだか「地ですか?」ってぐらい似合ってて、中盤まではかな〜り爆笑exclamation×2で面白かったんだよねぇ。うん。途中まではスッゴイ・・・


とにかくラストというか、オチの辺りがあんまり・・・だったのが残念なほど、途中まではホントに面白かったんですよ。猟奇的〜を見てる人なら分かると思いますが、タダ面白いだけ!じゃなくて、なんつーんですかね郷愁を誘うというか、切なくさせる部分もあって。その緩急の付け方が面白いんですよね。今回もほんと両極端ってほどの緩急でした。ただ…小出君の現在の年齢からすると、あの回想シーンの風景が少し…いや、激しく年代違いなんじゃないか?って思うんですよねぇ。どうなんでしょう?このあたりは○流ファンの方々も楽しめるような配慮ってことなんですかねぇ?うーーんバッド(下向き矢印)
もう一つ頑張りましょう!なのは、音楽かなぁ。なんかイマイチまとまりに欠けるというか。頼まれたから使っちゃった…的だったのが残念。

やー、しかし綾瀬はるかちゃんのサイボーグスーツ姿!同性のワタシですら萌えぇ黒ハートってなるほど、すんばらしいボデェでしたねぇ(親父目線)あんなんが目の前に現れたら、そら彼女がいてHappyなBirthdayの彼氏ですら、くっついてっちゃう!っつう話ですよ。合コン(?)飲み会?に連れて行かれて、酔っぱらって暴走するシーンがワタシ的にはお気に入りです。あのウィンクはものっそい強力パワーだろな(爆)
posted by カル〜★ at 00:00 | TrackBack(1) | 【ハ】行のreview
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15174280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「僕の彼女はサイボーグ」合格!でもラスト10分は不要かな
Excerpt: 「僕の彼女はサイボーグ」★★★☆オススメ 小出恵介、綾瀬はるか主演 クァク・ジェヨン監督、2008年、120分 初めからサイボーグと分かっているから、 もっと破壊的でムチャクチャな..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-06-15 10:11