2008年04月26日

紀元前1万年

10000bc.jpg

原題…10,000 B.C.
監督…ローランド・エメリッヒ
出演…スティーブン・ストレイト/カミラー・ベル/クリフ・カーティス

極私的満足度… △

VFX「は」素晴らしい
そうだ!原始人を見に行こう!本物はきっとカッコイイかもしれない黒ハートぐらいの気持ちで見に行ってきましたたらーっ(汗) 募集当初はヒロインのカミーラ・ベルも来日することになっていたのに、何の説明もないままドタキャンしてたよ。見終わって「ま、こんなモンだよねぇ。マンモーマンモスが可愛かったよね」って、ワタシは楽しめましたけど・・・壮大で歴史的事実も盛り込まれている大作映画exclamation×2って思って見に行くと、ものすごいガッカリしちゃうかも知れません。マンモーやサーベルタイガーなんかのVFXは素晴らしかったけども。

監督は、TV番組のドキュメンタリ−を見て「こーいう作品作りてぇぇグッド(上向き矢印)」って思って、この作品を作ったそうなんですが、それにしては史実がイマイチ…や、かなり無視されてるんじゃ?って思ってしまいました。紀元前1万年にピラミッドって建築されていたかしら?ハテ? 川を遡り、大勢の人や動物を運搬出来るような造船技術があったかしら?ハテ? つか、ピラミッドの天辺金ピカだったか?と、見てる最中、頭上にハテナが幾つも出てしまったワタシです。完全なるドキュメンタリーではないにしろ、も少し歴史的事実に沿った内容にしてほしかったなぁ。この辺りは、歴史が浅い国アメリカで作られたモノっつうことなのかしらね。

ストーリーやら史実は、もー置いといて。VFXはスゴかったですよ。マンモスの毛のモフモフ感とか、マンモスの大群が走って来る迫力とか…サーベルタイガーに関しては、リアル感はライラの冒険-黄金の羅針盤のが上だったけど。(ちょっと顔がマンガちっくだったんだよね…)牙とか身体の動きはスゴかったわーい(嬉しい顔)…つか、ライラの時に書いてるけれど、ワタシ動物とか珍獣LOVE揺れるハートなヒトなんで、満足度もこの動物ちゃん達のおかげで△を保ててるぐらいです(動物ナシなら間違い無く□←評価:ビミョウ)

ヒゲもじゃで、ウホウホ状態の原始人@スティーブン。生で彼を見たんだけれど…原始人のが男前でした(爆)や、生の彼もカッコイイんだけど、髪型がオバパーでバッド(下向き矢印)残念だったんだよね。でも横顔はかなり素敵でした。
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14772031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック