2006年10月13日

イルマーレ

lakehouse2.JPG

原題…THE LAKEHOUSE
監督…アレハンドロ・アグレスティ
出演…キアヌ・リーヴス/サンドラ・ブロック/ショーレイ・アグダシュルー

極私的満足度… □

オリジナルの勝ち
01年に公開された同名の韓国映画がオリジナル。ワタシは会社の上司に激しく(^^; 進められてレンタルに並んだ時に見ていたんだけど、なんだろう。とっても静かな作品で、そしてすごく映像がキレイで、まるで「環境映画みたい」って感想を書いた気がする。とりあえず現代におけるファンタジーぴかぴか(新しい)みたいな作品で地味ながらもステキだな…って思ったんだよね。で、その作品をHollywoodでリメイクする!と聞いた瞬間「ヤな予感がする」たらーっ(汗)って思ったの。その予感が・・・見事とは言わないまでも、かなりの確率で適中していたように思いました。あぁハリウッド風味だね…バッド(下向き矢印)と。つーか邦題からして無理矢理イルマーレにしなくても…Lakehouseで十分だった気がしますよ。
オリジナルの方では、若い二人が初々しい演技を見せていて、なんだか「ほのぼの光線」に溢れていたんだけれど、こっちは・・・ねぇ。そりゃキアヌも嫌いじゃないし、サンドラの恋愛ものも悪く無いとは思うんだけど、いかんせんお二人の年齢が行き過ぎてるんじゃ?感が見る前からしちゃって。つーか映画の中の回想シーンというか…昔のシーンのサンドラ(髪がロングな時)なんて「や、無理があるがく〜(落胆した顔)」と思わず眉間にシワを寄せてしまったほど。(映画の中でも一応「あの髪型はイケてない」って言ってるけどね) 「現代(いま)を生きている」という設定のキアヌには、何ら問題はないんだけどねぇ。むしろ、最近アメコミとかヒーローものばかりだったので、普通の人間を演じるキアヌには新鮮さを覚えたぐらいなんだけど。
二人の年齢云々を除外すると、物語は本当にオリジナルと同じように作ってあって好感が持てたんだけど、このラストは・・・アララもうやだ〜(悲しい顔)でしたね。やはりアメリカ人にはHappy Endでないとウケが悪いからなんでしょうか。未来は勝手にいじくっちゃイケマセンexclamation×2

もともとコッテコテの恋愛揺れるハート映画ってのは、苦手なタチなんだけど、クライマックスとも言える二人のキスシーンで、思わずスクリーンから顔を背けたくなったのは、初めてだったかも(´Д`;) 10年前スピードで【ベストKiss】を受賞した二人だけど、今回のは正直キツかったわぁ。なんでなんだろう(苦笑)
久々に文句ばかりのReviewですが…唯一お気に入りのシーンがあります!それは、あの犬!犬 「人間みたいな格好で寝る犬」のシーン!あれはウケましたよ。すっごい良かったですわ。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 15:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 【ア】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1448805
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

イルマーレ シカゴを舞台にしたハートウォーミングなドラマに感動
Excerpt:  以前紹介した「ジャケット」は、二つの時間軸が出てくる不思議な映画だった。 偶然だが、今回紹介する「イルマーレ」もまたそんな映画である。 レイク・ハウス(湖畔の家)に引っ越してきたアレックス(キアヌ・..
Weblog: シカゴ発 映画の精神医学
Tracked: 2006-11-04 16:18

「イルマーレ」(米) 物語に抱かれる心地よさ
Excerpt: 同名の韓国映画のアメリカ版リメイクです。 オリジナル未見なので比較はできないので
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-11-06 23:06

≪イルマーレ≫
Excerpt: イルマーレ (WOWOW@2007/12/12) 原題THE LAKE HOUSE 製作年度2006年 製作国アメリカ 上映時間98分 監督アレハンドロ・アグレステ..
Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie-
Tracked: 2008-01-17 16:48