2005年12月14日

プライドと偏見

pride-preju.JPG

原題…PRIDE & PREJUDICE
監督…ジョー・ライト
出演…キーラ・ナイトレイ/マシュー・マクファディン/ドナルド・サザーランド

極私的満足度…○

さすがは、ワーキングタイトル
ひと足お先に、試写会で見てきました。
もはや古典の域に達するであろう、ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』がオリジナル。これまでも色んな監督が「高慢と偏見」として敷居が高い格調高い文芸作品として映画化してきたけれど、ラブ・アクチュアリーや、ブリジット・ジョーンズの日記など、軽快なラブコメを輩出しつづけるワーキングタイトル社の製作なだけあって、見る前まで持っていた「眠くなったらどうしよう…堅物な作品だったら嫌だ」といった、まさしく「偏見」は見出してすぐに消えてしまった。だって、思いっきり笑えるんだもの!わーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 映画ブログへ実は、この作品も05年のトロント映画祭で上映されたので、キャストには会ってるんだけど・・・キーラ(またしてもエリザベスexclamation×2)と彼女の姉(ジェーン)役のロザムンド・パイクしか記憶にないたらーっ(汗) や、これが作品を見ると強烈なキャラクターの持ち主が沢山出て来る!特筆すべきは、やっぱりエリザベス達の母親@Mrs.ベネット。もぉこの人オカシイ!そのオカシイ妻の旦那@パパ・サザーランドも、これまたイイ味出してた。パパ最近渋みが増して更にステキになってきたなぁ。
かなり砕けた作品になってはいるけど、時代は原作のままなので、当然女の子達は家庭の為に少しでも良い家に嫁ぐのが美徳とされていて、母親はそれを友達に自慢する。今の時代からしたら、とんでもない話。現在の常識で考えちゃうから時々パパとママの行動にはイライラしちゃった。毎回思うけど、ワタシこーいう時代に生まれてなくて、本当に良かったよ。
ラストのパパとエリザベスのシーン。これ良かったなぁ。庭先で、まるで分娩室前のご主人よろしくソワソワしてるダーシーも、なんだかフツウの人っぽくて良かったけど。 このお父さんきっと、エリザベスが一番可愛かったんだろうね〜。最後の台詞、嬉しそうだけど、その実すごく淋しそうだった。

これ、見る前は「女性キャストの豪華競演がウリだからイケメンはいねぇなぁ」と思ってたんだけど…見てみるとダーシー役のマシューもなんとなくイイ男に見えたし、何よりも!途中でほんのチョイ役としてしか出てこないウィッカム将校かなりかっこよかったよ揺れるハート ゴツくなったオーリーみたいなの。これから見に行く人はチェックしてみてください。中盤で、チョコっとしか出て来ないので見落とさないように〜ぴかぴか(新しい)

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 16:10| Comment(4) | TrackBack(22) | 【ハ】行のreview
この記事へのコメント
こちらでははじめて、なので改めて
新年の挨拶をば(笑)
あけましておめでとうございます!
カル〜★さん今年もよろしくね♪

これ、私も早くみたーい。
というのも年末に見ました。
コリン・ファース版の『高慢と偏見』。
やっぱり私もそのタイトルに偏見を
もち、見てなかったんですが、
カル〜★さん、これもいいですよ。
コリンしか知らないけど(笑)
もうこれ以上の牧師(名前忘れた)と
ダーシーは出ないんじゃ、と思わせる
くらいハマり役。どうくるか、が
楽しみですわ、映画。
もしお暇があったら是非ビデオ
版もみてみてー。
Posted by minori at 2006年01月04日 19:34
minoriサン!ワタシこそ、今年もヨロシクです。
まだ今年に入って新しい作品を1本も見ていない…
やばいですわ。明日あたり何かDVD見て書かなきゃ!

もー、これね。明後日あたりに本館のオススメに
UPしようと思ってるぐらいにオススメなの。
やっぱり偏見持っちゃうよねぇ…文芸って。
ワタシもコリン・ファースのやつ見たいと
思ってるの。明日Gに行って探してみるよ!!
ダーシーがコリン・ファースなんだよね?
ちょっとこちらも楽しみです。あるといーなー。
minoriサンも、キーラのヤツ是非見てみて〜!
そしてオーリーに似てる人探してみて〜ん(笑)
Posted by カル〜★ at 2006年01月04日 23:40
ワーキングタイトルって有名な製作プロダクションなんですね。
結構ブログで絶賛している人がいました。
今度から意識して、映画を観てみようと思います。
Posted by タウム at 2006年07月22日 07:54
>タウム様
初めまして。ワーキングタイトルは他にも『ウィンブルドン』や『ノッティングヒルの恋人』などのラブコメが得意な会社で、意外なところだと『ファーゴ』や『デッドマンウォーキング』といったオスカーにノミネートするような作品も扱う有名な会社です。
なかなか良い作品を排出する制作エンジンなので是非ご覧になってください。
Posted by カル〜★ at 2006年07月22日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/139315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画「プライドと偏見」試写会行ってきました。
Excerpt: 観たい観たいと思って、 ついこの間紹介した映画 試写会が当たったので、今日 観てきました??。 (紹介した記事は、こちらに全部 コピーして写すので、削除しました。)
Weblog: ふるふる好楽
Tracked: 2005-12-23 00:36

映画「プライドと偏見」
Excerpt: キーラ・ナイトレイ主演の映画「プライドと偏見」の試写会に行った。 (12/20
Weblog: いもロックフェスティバル
Tracked: 2005-12-25 00:44

プライドと偏見(2005英)
Excerpt: Pride & Prejudice この話は、イギリスのドラマ版「高慢と偏見(コリン・ファース主演)」が有名なジェーン・オースティン原作の古典モノ。「ブリジット・ジョーンズの日記」を観た..
Weblog: WAKOの日常
Tracked: 2005-12-25 21:03

プライドと偏見
Excerpt: プライドと偏見試写会に行ってきました。 友達Tちゃんに誘われて行って来ました。 最近よく遊んでいます。 来週も「THE有頂天ホテル」の試写会に一緒に行きます。 場所はヤクルトホールでした。 1..
Weblog: ユウヒイサナの懸賞生活☆ブログ版☆
Tracked: 2005-12-27 16:32

プライドと偏見
Excerpt: どっぷりハマッて見ちゃった。 お話は、とってもありがちなんだけどね。 いや??、すっかり世界に入り込んでたなぁ??。 <STORY> イギリスの田舎町のベネット家には、5人の姉妹がいた。 彼らは、決し..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-12-29 19:27

プライドと偏見
Excerpt: イギリスの田舎の美しい風景、 じゃじゃ馬娘が繰り広げるロマンス… 玉の輿結婚は、
Weblog: エンタメ!ブレイク?
Tracked: 2005-12-30 15:29

「プライドと偏見」またしてもキーラ・ナイトレイの新作!
Excerpt:  「プライドと偏見」(UIP)は、「ドミノ」のキーラ・ナイトレイ主演最新作!18世紀末、イギリス社交界に生きる5人姉妹の
Weblog: 新作映画ピンポイント情報
Tracked: 2006-01-02 18:08

???????ゃ??????頳
Excerpt: I like him. I love him.
Weblog: ????????????羇
Tracked: 2006-01-15 00:53

プライドと偏見
Excerpt: ネタバレありです。 イギリスの有名な小説家、ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化した作品です。(この小説と映画の邦題の違いは、「pride」を「高慢」と訳し..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-01-15 17:01

『プライドと偏見』 偏見に挑む意欲作
Excerpt: 前回タイトルが難しそう、なんだか堅そう、という 偏見に打ち勝った『高慢と偏見』。 今度は前作のあまりの出来に「今度のはどうよ?」 「ダーシーはコリン・ファースしかありえないし」 みたいな偏見と戦わなけ..
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2006-01-16 21:52

★「プライドと偏見」
Excerpt: キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-01-18 23:07

プライドと偏見 (2005) ??PRIDE & PREJUDICE??
Excerpt: 「ブリジット・ジョーンズの日記」以来ずっと気になっていたのが、BBC製作コリン・ファース主演の「高慢と偏見」。でもお高くてレンタルにも出ていないので未見。 そこに新作が登場!楽しみにしておりまし..
Weblog: Chic & Sweet * びいず・びい
Tracked: 2006-01-19 13:48

「プライドと偏見」ただひとつの恋
Excerpt: 「プライドと偏見」★★★★ キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン主演 ジョー・ライト監督、2005年イギリス 18世紀末のイギリス、 階級社会が鮮明で 堅苦しい挨拶や言葉 そん..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-01-22 21:44

映画「プライドと偏見」、原作とジェーン・オースティンのこと
Excerpt:  1月14日に公開になった映画「プライドと偏見」を観に行ってきた。 僕にしてはめずらしく、夜の回をわざわざ観に行ったのだが、期待を裏切らずとてもいい映画だった。  この映画の原作、ジェーン・オーステ..
Weblog: MONKWELL MANOR GUEST HOUSE
Tracked: 2006-01-23 09:25

映画のご紹介(87) プライドと偏見
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(87) プライドと偏見 プライドと偏見 ちょっと、これは...... レイトショーで「プラ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-01-25 21:26

「プライドと偏見」のこと・その2 原作を読み返す
Excerpt:  この間、映画「プライドと偏見」を見て以来、再び原作を読み返している。  僕が持っている新潮文庫版の「自負と偏見」は、最後の中野好夫氏の解説まで入れると、全606頁。 かなりの分量だし、通して読み返..
Weblog: MONKWELL MANOR GUEST HOUSE
Tracked: 2006-01-28 10:19

プライドと偏見
Excerpt: 2005年 イギリス ■出演者■ キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン ドナルド・サザーランド ブレンダ・ブレッシン ■あらすじ■ 18世紀末のイギリ..
Weblog: シネマ??ニャ。
Tracked: 2006-02-06 22:03

『プライドと偏見』★★・・・60点
Excerpt: 「愛してる」と認めるには、男のプライドは高すぎた。「愛してる」と応えるには、女の偏見が邪魔をする。なんとも深い言葉でしょうか。大人の恋愛作品ですねぇ。しみじみ。。『プライドと偏見』公式サイト 制作年度..
Weblog: ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ
Tracked: 2006-02-22 14:46

『プライドと偏見』・試写会
Excerpt: 今日は某雑誌で当選した『プライドと偏見』の試写会に行ってきた。 [お土産にマカディアとハーレクイーン
Weblog: しましまシネマライフ!
Tracked: 2006-03-24 00:47

プライドと偏見
Excerpt: ★本日の金言豆★ ジェーン・オースティン:1775年12月16日〜1817年7月18日。1796年ごろに書いたといわれる「First Impressions」がのちに改題・出版され、イギリスで最も長..
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
Tracked: 2006-05-24 14:29

プライドと偏見−(映画:87本目)−
Excerpt: 監督:ジョー・ライト  出演:キーラ・ナイトレイ、タルラ・ライリー、ロザムンド・パイク、ジェナ・マローン、ケイリー・マリガン、ドナルド・サザーランド、 ブレンダ・ブ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-06-29 23:36

NO.161「プライドと偏見」(イギリス/ジョー・ライト監督)
Excerpt: 夏目漱石も絶賛したオースティン文学は、 食卓で観察し書かれたロマンスである。 ジェーン・オースティンは、18世紀から19世紀にかけての、イギリス女流文学者として、偉大な存在である。イギリス近代小説の..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-07-30 22:40