2006年09月28日

マイアミ・バイス

miamibys2.JPG

原題…MIAMI VICE
監督…マイケル・マン
出演…コリン・ファレル/ジェイミー・フォックス/コン・リー

極私的満足度… □

今の時代の話だよね?
ワタシよりも、何歳か上の人は「あぁ、よく見たよ。ナツカシイねぇ」なんて思うんじゃないでしょうか?1984年からアメリカで放映されたTVドラマ。その当時のプロデューサーをしていたマイケル・マンが監督となって、映画化映画 当然当時のファンはワクワクして見に行くんですが・・・どーやら何かが違うようです(^^; ワタシ自身も生まれてなかったワケじゃないし、どことなくTV○京で放映していたのは知ってるんですが「タブスはコイツじゃない!」とか「ソニークロケットがコリン・ファレルだぁあ?(怒)」といったほどの思い入れはないので、それなりに見始めたんですが…。それでもやっぱり何か違う感が否めませんでした。

まず、ソニー・クロケット(コリン)の髪型。まぁ80年代に流行ったけど、今はダサイ髪型の象徴であるマレットってとこで既に違和感モリモリ。リカルド・タブス(ジェイミ−)の髪型が今風(黒人の中での)なだけに、なんだか時代関係が狂ってるんじゃ?と思えて仕方なかったんですよね。そして、コリン・ファレルの金髪がまた・・・バッド(下向き矢印)だったんですよ。アレキサンダーでもすごいビミョウだったのに。そんなワケで、ソニーの髪型に目が慣れるまでに物語が半分ぐらい進むほど時間がかかりました。
次にソニーとイザベラの絡みムード。ちょうどTV○京で昔のTV版を放映してたので見てみたんですけど、ソニーが揺れるハートになるのは、皆さん元々アメリカに住んでる人ばかりだったように思うんですよねぇ。それゆえ、なぜにアジアン?って違和感が残りました。一緒に見に行ったTV版をよ〜く知る相方によれば、主役3人以外の配役はTV版のファンを納得させるんだけどなぁ。だそう。主役に危険信号信号点滅してる時点で(以下自粛…)

昔、洋画を見始めた頃「マイアミってキレイだけど危ないとこなんだね」って漠然と思ったものですが、今でも毎晩のように空にはヘリコプター、陸ではパトカーがウヨウヨしてるほど犯罪が多いところなんでしょうかねぇ? 海はキレイだし年中暖かそうだし住んでみたいと思うぐらいなんですけど。 ソニーとイザベラがパスポートも持たずに、ボートでハバナにモヒートを飲みに行くシーン。あれは、是非やってみたい!と思ってしまいました。あのボート絶対に並のジェットコースターよりスリルありそうです。つーかTV版で使ってたボートと同じに見えたのはワタシの目が変だったんでしょうか(汗) どーにも80年代と現在が混在してて「時代錯誤」な感じが最後の最後まで残ってしまいました。使ってる俳優は悪くないのに…うーーん、残念っ。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 【マ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1343980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

マイアミ・バイス
Excerpt:  アメリカ  アクション&サスペンス&犯罪  監督:マイケル・マン  出演:コリン・ファレル      ジェイミー・フォックス      コン・リー      ナオミ・ハリス マイア..
Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
Tracked: 2006-10-01 00:21