2008年03月08日

ダージリン急行

darjeeling_lim.jpg

原題…THE DARJEELING LIMITED
監督…ウェス・アンダーソン
出演…オーウェン・ウィルソン/エイドリアン・ブロディ/ジェイソン・シュワルツマン

極私的満足度… ○

そこはかとないユルさが気持ちイイ
ウェス・アンダーソン作品大好き黒ハートなワタシなので、久々に初日の初回に行ってみました。ちなみに新宿で見たんだけれど、初回プレゼントってことで、ダージリン紅茶のティーバッグとポストカードが貰えましたわーい(嬉しい顔)
広いインドを延々と走る、ダージリン急行に乗ってスピリチュアルな旅をしつつ、兄弟・家族の在り方を探って行くんだけれど、もーーーなんていうかな、映画の隅々から漂って来るそこはかとないユルさが実に気持ちイイんです。ロードムービー特有の爽快感もアリ。もちろんお笑いもアリ!そしてウェス・アンダーソン作品常連の方々を探せ!なんて楽しみもある作品でした。



この3人、仲良さそうに見えて実はかなーり最悪な関係みたいで…思わずワタシも仲のよろしくない弟を思い出しました。ま、フューネラルの時に揉めたりしなかったけどね。こんな風にどっか丸っきり何も分からない土地に放り出されたら、仲良し姉弟になれるのかしら?…余計に不仲になりそうな気配がモリモリする(苦笑)
この作品、実はホテル・シュヴァリエというショートフィルムとの2本立てになっていて、そっちではジェイソン・シュワルツマンとナタリー・ポートマンの2人で展開される男女の話なんだよね。ビックリしたのが…てか、かなり親父目線だけれど(^^; ナタリーが丸っとお尻出しててビビリましたたらーっ(汗)彼女、いつから脱ぐことに抵抗無くなったんでしょうかねぇ?
…それは、さておき。ホテル・シュヴァリエの一件は、後々に絡んで来るので忘れずに覚えとかないとイカンので要注意です。

ウェス・アンダーソン作品は、映画の中の小物(服)がいつも凝っていてそれだけ見てるのでも十分に目の保養になるんですよ。今回も物語の中で時折出て来る、お父さんの遺品である旅行バッグ一式。すごい可愛いなぁって思ったら、あれ全部ルイ・ヴィトンが映画の為に作ったんだそうでexclamation×2あれ全部で一体お幾ら万円?ですよね。ものすごいゴツゴツして使いづらそうだけど、1個欲しいなぁ。。。
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【タ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12930898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック