2005年12月13日

ティム・バートンのコープスブライド

copesbride.jpg

原題…TIM BURTON'S CORPSE BRIDE
監督…ティム・バートン
声優…ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム・カーター/エミリー・ワトソン

極私的満足度…△

ワタシはやっぱり・・・
違う作品だ!って頭では分かっていても、同じティム・バートン絡みだし、どうしてもナイトメア・ビフォア・クリスマスと比べてしまう自分がいるんだよね。だって、コープスブライド(死体の花嫁)のエミリーとナイトメアのサリーなんて、衣装が違うだけ!ってぐらいウリ2つだしたらーっ(汗) ただ、お話の方は全然違うんですけどね。こっちは、なにせ死の世界と現実世界を行き来するわけだから、全体のトーンも薄暗くて無気味。それでも否応なしにお話に引き込まれてしまうあたり、恐るべしティム・バートンWorldっつうとこでしょうか。

にほんブログ村 映画ブログへtoronto-135.jpg
しっかし、おとぎ話や童話なんかに出て来る主人公をいじめる人達って、どーしてこうも性悪なんでしょうね…ジョニーが声をあてているヴィクターの両親も「息子のことなんだと思ってんだよ?あぁ〜ん?」と小1時間問いつめてやりたいぐらいのひどさだし、ヴィクトリアの両親もこれまた財政立て直しさえできれば、娘の意見は関係ナッスィンな人だし。こんな人でなしな人達目の前にしたら、ヴィクターじゃなくても誓いの言葉なんてすんなり出てこない!っつう話です。かたやエミリーの方も酷いことされてましたねぇ、死んだ後は切ないながらも楽しそうな世界だったけど(苦笑)そーいや、生きてる世界は真っ暗で死後の世界の方がドンチャカるんるん賑やかで楽しそうだったのは、皮肉というかナンですよね。ちょっと切ない感じだったけど、このラストは良かったです。

それにしても、ジョニーの情けなっぷりは本当に似合ってました(´ー`) アテレコしてる風景とか見てみたかったですね〜。どんな顔してたんでしょう。 ナイトメアに出て来る「ゼロ」も実に可愛かったけど、今回のスクラップスも尻尾振ったりゴロンしたり…もしかしたらこの作品の中で1番好きなキャラクターかもしんない揺れるハート
そそ、全然知らなかったんだけど監督とヘレナって婚約(結婚?)してたのね…しかも子供もいるってexclamation&question どーりでトロントで、妙に仲良さそうに見えたわけだ。
上の写真も、下の写真も05年のトロント映画祭の時のもの。after party会場前の車(上)、プレミア会場前の3連看板(下)
toronto-007.jpg

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 【タ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/124362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『ティム・バートンのコープス・ブライド』 ホネまで…。
Excerpt: ストップモーション・アニメとはいかなるものなんだろうか。 ストップモーション・アニメーション(Stop motion animation)とは、静止している物体を1コマ毎に少しずつ動かして撮影し、あ..
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2005-12-13 19:12