2005年12月09日

ブラザーズ・グリム

brosgrim2.jpg

原題…THE BROTHERS GRIMM
監督…テリー・ギリアム
出演…マット・デイモン/ヒース・レジャー/ピーター・ストーメア

極私的満足度…○

あら、意外とわかりやすい。
ストーリーを理解するのが難解な未来世紀ブラジル12モンキーズの監督@テリー・ギリアムの久々の作品。また今回もどんなにか難解な作品なのか?見てる間に何度眠くなるかバッド(下向き矢印)と、見る前は不安がいっぱいだったんだけど、蓋を開けてみたら…あら?分かりやすいぞ?今までのヘンテコっぷりが嘘のように、中学生ぐらいが見ても全然OKなエンターテインメント作品でした。
監督いわく「マット・デイモンには、彼の友達ベン・アフレック的な役を…、ヒース・レジャーは主役もこなす役者ですが、今回は敢えて脇に徹してもらいました」だそうで、なるほど普段というか、これまでの二人が演じてきた役柄とはちょっと違っていて「ふーん、コメディなヒースってなかなかいけるじゃん」って思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ実在したドイツの兄弟が、色々行脚しながら「グリム童話」を編纂するにいたるまでの話なんだけど、まぁ…これ、史実に基づいてるわけではない。と思うんですが、こんなことしながら日銭を稼いでたんかいなたらーっ(汗)こんな中から童話が生まれていったのexclamation&questionとちょっとショックを受けてしまいました(^^; ま、根はイイ人間だったので救われたけど。
グリム童話のお話が、どんな状態でストーリーの中に出てくるのか?とワクワクしていたけれど、あまり多くは出てこなかったですねぇ。ちょっと残念。もっと沢山のお話が出てきたら良かったな〜って思います。でも、それぞれのシーンが絵画のようにキレイで、ちょっとしか出てこないけど、昔よんだ童話のシーンが出てきたり…で、否応なしにファンタジーワールドに引き込まれ、兄弟と一緒に冒険してる気分になれます。

余談ですが、映画祭にて鑑賞したので監督のお話を直に聞くことができたんですよ。前述のとおり難しい作品を作ってた監督なので、どんなにかこ難しいオヤジなのかと思いきや…すっごいユーモラスな方でした。聞けば監督はモンティーパイソンのメンバーなんだそうで…なるほど納得のFunnyなオッサンでした。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 10:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 【ハ】行のreview
この記事へのコメント
むっふっふ、カル〜★さんも
とうとうブログにしたのですねー。
というわけでこれからガシガシTB
送っちゃいますー。迷惑だったら
教えてくださいませ。
まぁ「読んだよー」という私のお便り
だと思っていただければ…。

そう、このテリー・ギリアムって
結構面白いおっさんみたいですよねぇ。
ちょっと私も意外でしたよー。
まぁ小難しいオヤジよりはいいですよね。
うん。
にしてもこの作品はかなり意外でしたよ。
私にとって。まさかこんな見やすい作品を
作るとは、って感じです。
Posted by minori at 2005年12月09日 21:33
フフフ…色々問題があって、あ〜んなに
嫌がってたのに(^^; 便利さには変えられん!
つーことで、ちまちまやってますよん。
そんなぁ、迷惑だなんて…ガンガンTB入れて
やってくだっさいまし。ワタシも迷惑がられる
くらいにminoriサンとこ入れるわよ(笑)

そーなの。すごい面白いオッサンなのよ。
あんな人が、あんな難解な作品作るなんて
信じられない!ってぐらい面白いおっさん。
まぁ、確かにこの作品分かりやすいけれど
物足りない部分も多々あって、ちょっと…って
思うけど、ま、これもアリだよね!
Posted by カル〜★ at 2005年12月10日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『ブラザーズ・グリム』 マット…。
Excerpt: 今日も試写会にて1日だけ早く、『ブラザーズ・グリム』見てきました。 テリー・ギリアム、といえば、『12モンキーズ』なイメージでした。 なので今回ちょっと意外でした。確かにちょっとブラックな 笑いが多..
Weblog: キマグレなヒトリゴト
Tracked: 2005-12-09 21:29