2008年02月14日

リアル鬼ごっこ

real_oni.jpg

監督…柴田一成
出演…石田卓也/谷村美月/大東俊介

極私的満足度… △

あと1歩!!
ワタシ、実は佐藤サンなんですよねぇたらーっ(汗)だからちょっと身につまされる…というか、その他の方々よりも危機感を持って鑑賞しちゃいました(^^; まーね、確かに日本で一番多い苗字ランキング連続ナンバー1だからさ。仕方ないけども。っつうか、なんつう理不尽な理由なんだよ(佐藤サン狩りの鬼ごっこが始まったワケ)とイラっとしたのも事実です。でも実際の「王政」ってそんなモンなのかねぇ。
タイトルと佐藤サンが引っ掛かって、見に行ったので役者のコトは丸でノーチェック。この主役っぽい女の子、どっかで見たことあるなぁ…と思ったら、海賊版撲滅キャンペーンで黒い涙流してた子なんだねー。(あの警告映像はサイアクだったよなぁ)




いやはや…鬼ごっこのシーンはスゴかったですね。まさにリアル!主役の男の子、2人の佐藤君の逃げ足の早いこと速いことがく〜(落胆した顔) 常人じゃないよ…って思っちゃった。(パンフ見たら、石田君は陸上やってたんだとか…思わず納得)全力疾走から生み出される緊迫感と、時折固定でなくなるカメラで不安定なドキドキ感は、映画の面白さをグッド(上向き矢印)させてるんだけど、コレ。重要であろう王様の声ね、声。こーれは、もう少しいじくらないとダメでしょう。思わず「あ!この声は…」って瞬時に分かってしまったもん。あの特徴のある喋り方も原因のひとつだろうけどさ(苦笑)その辺もう少し上手いことボカシて欲しかったなぁ。ちとガッカリ。

それにしても、柄本さん。キモかったわぁがく〜(落胆した顔)粘着系オヤジのエログロ感が、最初っからムンムン漂ってきた。とくに病院での検温のシーン。あのうら若きヲトメの襟元から手を突っ込むあたり、すっげーキモかったバッド(下向き矢印)顔歪めながら見ちゃったよー。ある意味スゴイ演技なんだろうけど、キモすぎです。
ビックリしたのは、ロボコップ吹越(←コレを知ってる人のが少ないかたらーっ(汗))が、父親役で登場してたこと。はぁ、あの人もそんな年齢になったんだねーって、急に自分も老けた気分になったよ。そーいえば最近はCMでもお父さん役やってたなダッシュ(走り出すさま)

ともかく、この作品は先だっての「原作の面白さを帳消しにする」的な病院モノに比べて、原作の良さ・斬新さが比較的活かされていたかなぁ。両手挙げて誉め千切れないけど、あと1歩!惜しいあせあせ(飛び散る汗)ってハンコを進呈したいかな。
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ラ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11171279
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック