2008年02月11日

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

magorium_emp.jpg

原題…MR.MAGORIUM'S WONDER EMPORIUM
監督…ザック・ヘルム
出演…ナタリー・ポートマン/ダスティン・ホフマン/ジェイソン・ベイトマン

極私的満足度… △

オトナ向け?コドモ向け?
久々に予告編マジックにかかってしまったかなバッド(下向き矢印)っつう気がする1本でした。この作品の予告を編集した人!素晴らしい!
や、とにかくヘンテコ親父っぷり全開のダスティン・ホフマンは、パフュームの白塗りとタメ張るぐらい笑えたし、極彩色のエンポーリアム(おもちゃ屋)の中はすっごい楽しそうで、ちょっと行ってみたくなりましたぴかぴか(新しい) ちなみに、このチラシにも登場してますが、日本の某アニメキャラ(電車男で有名になりました)が映っていたそうなんですが、気づいた方いますかねぇ?ワタシには分からなかったんですけど。




この作品もそうでしたけど、見てる人に物語を読ませるような感覚というか手法(第2章…とか挿し絵が入って進んで行く)が、なんとなく苦手なワタシ。邦画のアクリ-ACRI-を思い出しました。そーいえばあの作品もBoooバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)だったってコトを。
作品のテーマというか根底にあるものは「自分を信じることが出来ないようじゃ、他の色んなことも信じられないよー」だと思うんだけど、コレって大人向けなのか子供に向けたものなのかイマイチ分からなかったのよねたらーっ(汗) なんか全体的に子供に媚び売ってる感が否めなかったんだよなぁ。とりあえず極彩色の世界で騙してみましょう…的な。・・・そー思っちゃうワタシが不粋なだけかもしれないけれど(^^;

とにかく、エンポーリアムの中は本当に夢の国みたいで素晴らしかった。実際にあんなお店があったらイイのにね。大人も子供も一緒になって色々作ったり実験したり、本の読み聞かせをしたり、子供の頃にあんな店があったら、誰だってエリック少年のように毎日入り浸ってしまうと思うなぁ。
そうそう、お店にあった不思議の扉。アレってハウルの動く城のパクリよね。…まぁ、誰もが小さな頃想像する「不思議トビラ」の仕掛けかもしれないけど。ケロロ軍曹が出てくるぐらいだから、多分ハウルのパクリなんだろうな。

試写会@中野サンプラザにて鑑賞したんだけど、映画が始まるまでエンドレスで木村カエラの歌が流れていたのは何かの洗脳???アレはちょっと・・・ゲンナリ。
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【マ】行のreview
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10804026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック