2006年07月27日

ナイロビの蜂

nairobee.jpg

原題…THE CONSTANT GARDENER
監督…フェルナンド・メイレス
出演…レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ダニー・ヒューストン

極私的満足度… △

なんで蜂?
まだまだ続く05年トロント上映作品(とってもミーハーなので、昨年映画祭に行ってきたんです。詳しくは本家サイトにて)。どーにも原題の方が思い浮かんでしまって、邦題を言われてもピンとこない。なんで蜂なの?…映画を見たら少し納得出来たかな。うん。 そうそうこの作品もスタンドアップと同じで、オカシなCMしてたよね(オー○の泉のオッサンが説法してるヤツ)。そのせいか、なんだか劇場にはオバちゃんが多く来ていたような気がしました。まぁ、平たく言ったら夫婦の物語でもあるけど、実際はそんな甘いモンじゃありません。

にほんブログ村 映画ブログへ
庭いじり(園芸)ラブ黒ハートな主人公ジャスティン(レイフ・ファインズ)と、自由奔放で正義の為ならどんな苦難にも立ち向かう!というちょっと困った面もあるジャスティンの妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を中心に、第三世界…発展途上国でひと山当てようとしている先進国の政府と企業の愚行に焦点をあてた問題作。 序盤のテッサの奔放ぶりっつうか正義を何たるか!説いているあたり、なんだか「欺瞞だね(-_-;)」と思ってしまったワタシ、心が汚れてるっつうことでしょうか? その奔放な妻を「まぁまぁ…」となだめる夫ジャスティンがすっごいイイ人に見えてしまって、あぁ旦那にするならこーいう人がイイねぇ…とまで思えてしまいましたたらーっ(汗) 物語が転がり初めてからは、なかなかスリルのあるサスペンスっつう感じ。これ先進国の愚行に目が行ってしまいがちだけど、ホテル・ルワンダとはまた違った意味での、アフリカの厳しい現状が問題提起されてて…こんな時ばっかりソレを考える自分ってエゴだとは思いつつも、病気でヘロヘロなのに病院まで1時間も歩いてくるなんて…どーにかならんのか。とイラッとしてしまいました。

テッサ役のレイチェル・ワイズがGG(ゴールデングローブ賞)とオスカー助演女優賞を受賞したので、どんだけ彼女の演技が素晴らしいのか?と注目していたんですけど、な、なんと彼女序盤でもうやだ〜(悲しい顔)手(パー)゛なんですよね。この短い時間での演技にそれほどまで賞賛が集まるのかexclamation&questionってちょっと不思議に思っちゃいました。まぁ確かに少女のように奔放に振舞ったり直後に、いきなりシリアスになったり…と大変そうでしたけど、ワタシ的にはレイチェル見るならニューオリンズ・トライアルがイイと思うんですけどね。 ジャスティン夫婦以外にも、相変わらず嫌味なオッサンとして登場するビル・ナイや、あぁこんなお医者さんいそうだよね。って感じのピート・ポスルスウェイトが脇でイイ演技してくれてました。CDが出たらもう1度見直してみたいな。

ひらめき当ブログに初めてTBする方、初めていらした方へ(必読です)
posted by カル〜★ at 16:50| Comment(2) | TrackBack(12) | 【ナ】行のreview
この記事へのコメント
TBありがとうございました。

この作品、CMで宣伝されていたものとずいぶん違いますよね。
あの宣伝じゃ、この映画のほんの一部しか言ってないんじゃないかと…。

>「蜂」
私は「峰」かと思っていました(笑)
Posted by あむろ at 2006年07月31日 16:37
■あむろ様
早速のTB返しとコメント、ありがとうございます!

そうなんです。なんだか妻と夫のラブロマンス的なCMでしたよね。ソレを期待して見に行った人はさぞかし驚いたことでしょう…(苦笑)

峰!(笑) 確かに!字だけだとそー見えます!
Posted by カル〜★ at 2006年07月31日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1037672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『ナイロビの蜂』
Excerpt: 地の果てで、やっと君に帰る。 ■監督 フェルナンド・メイレレス■脚本 ジェフリー・ケイン■原作 ジョン・ル・カレ(「ナイロビの蜂」)■キャスト レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒュー..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-07-29 11:08

ナイロビの蜂
Excerpt:  まさか!テッサ(レイチェル・ワイズ)がいきなり死ぬなんて・・・ひょっとすると双子の妹が現れてジャスティン(レイフ・ファインズ)の調査を手伝うのかと思ったよ・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-07-31 11:50

ナイロビの蜂
Excerpt: 渇いた大地から届く,深い愛のドラマ。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-07-31 12:45

『ナイロビの蜂』
Excerpt: スラムの様子は目を覆わんばかり。『ホテル・ルワンダ』と同じだ。
Weblog: なんでもreview
Tracked: 2006-07-31 16:33

ナイロビの蜂
Excerpt: フェルナンド・メイレイス監督の「シティ・オブ・ゴッド」は衝撃的な作品。 ブラジルのスラムの子供たちが銃を持って簡単に隣人や友達まで殺してしまう 衝撃的な要素ももちろんなんですが、 俳優が..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2006-07-31 20:28

映画「ナイロビの蜂」
Excerpt: 原題:The Constant Gardener アフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-08-01 00:45

映画「ナイロビの蜂」
Excerpt: んー、これ舞台がアフリカだから映像含め色々と新鮮に見えるだけで、 ストーリー自
Weblog: いもロックフェスティバル
Tracked: 2006-08-01 16:17

ナイロビの蜂
Excerpt: アカデミー賞系作品。 毎度のことながら、全くどんな話か知らずに鑑賞。 プロが認めた映画とあって、超シリアスか、感動作に違いない。 ストーリー: アフリカの太陽のように情熱的な妻テッサと、イギリスの庭園..
Weblog: GoGo Surf !!!
Tracked: 2006-08-13 17:19

『ナイロビの蜂』・試写会
Excerpt: 今日はおそらく某雑誌で当選した 『ナイロビの蜂』の試写会に行ってきた。 [アンケートに答えて4色ボ
Weblog: しましまシネマライフ!
Tracked: 2006-08-15 19:20

ナイロビの蜂
Excerpt: 製作年度 2005年 製作国 イギリス 上映時間 128分 監督 フェルナンド・メイレレス 原作 ジョン・ル・カレ 脚本 ジェフリー・ケイン 音楽 アルベルト・イグレシ..
Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌
Tracked: 2006-11-16 18:55

ナイロビの蜂 (The Constant Gardener)
Excerpt: 監督 フェルナンド・メイレレス 主演 レイフ・ファインズ 2005年 イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★★ 一部の比較的裕福な国を除いて、平均寿命が50歳代を軒並み割ってしまうアフリカ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-11-21 12:23

『ナイロビの蜂』 蝶のように舞い蜂のように…
Excerpt: ラブストーリーだったのか…。 にしちゃ、あんーまり愛を感じなかった私は、 感受性だか何だかが、鈍ってる? 過去と現在が行ったり来たりで (よくありがちな手法だけと私はコレが苦手)、 ..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-12-09 19:25