2008年05月18日

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

charlie_ww.jpg

原題…CHARLIE WILSON'S WAR
監督…マイク・ニコルズ
出演…トム・ハンクス/フィリップ・シーモア・ホフマン/ジュリア・ロバーツ

極私的満足度… △

娯楽色より政治色
トム・ハンクス出てるし、なんだか楽しそうな音楽だし…と宣伝のワナにすっかりはめられて見に行ってしまいました。うぅぅ、始まって暫くして「これ、娯楽っていうより政治色のが濃くね?」とゲンナリバッド(下向き矢印) 内政干渉やら隠れて戦争を企てる…的な内容を面白く味付けして、正当化しちゃった風な中身でした。
まぁね、トム・ハンクスは「あぁこーいうお気楽・極楽な田舎議員いるよねぇ」的な人物をモノの見事に演じていて、見ていて楽しかったし、久しぶりにやや笑い入った役のフィリップ・シーモア・ホフマンも面白かったんだけど、たった101分の上映時間がまるで3時間近くにも感じてしまったワタシです。
それでもどーしても劇場で観たい!という方は、サービスdayに見ることをオススメいたしますたらーっ(汗)

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【タ】行のreview