2008年01月30日

団塊ボーイズ

wildhogs.jpg

原題…WILD HOGS
監督…ウォルト・ベッカー
出演…ティム・アレン/ジョン・トラボルタ/マーティン・ローレンス/ウィリアム・H・メイシー

極私的満足度… ○

悪あがきもイイじゃない!
これもねー、ちょっと邦題イヤな感じですよね。今年3月で団塊の世代がドドーッと退職するから、わざわざ付けたって狙いがこっちに丸分かりって感じでバッド(下向き矢印)
ま、ソレはさておき。家族に冷たくあしらわれて久しい、サラリーマン川柳とかが似合っちゃうような、そんなオヤジ連中がドリフ並に身体を張った笑いを見せてくれる、久々に見た後ホッペタが筋肉痛になれる、でもどこかハートウォーミングな感じにもなる、楽しい映画です。4人とも本当に笑わせてくれるんだけど、特に注目してほしい…というか、目が行かざるを得ないんだけど(^^; ウィリアム・H・メイシーおじちゃまの、ボケッぷり!あんたオスカー俳優ちゃうんかい!と突っ込みたくなるほどです。


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【タ】行のreview

2008年01月20日

スウィーニー・トッド-フリート街の悪魔の理髪師-

sweeneytodd2.jpg

原題…SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREE
監督…ティム・バートン
出演…ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン

極私的満足度… △

ザクーーッ!!ドバドバー…
スティーブン・ソンドハイム(←RENTの歌詞にも出て来る有名な人ですね)原作のブロードウェイミュージカルをティム・バートンテイストで映画化したこの作品。1997年(だったか?)にも一度映画になっていたと記憶してるんだけど(チラシ画像はすぐに思い浮かぶのに〈パイがずら〜っと並んでいる。ある意味コワイ絵面〉出演者が全然思い出せない)、なんでもその時もティム・バートンが撮る予定だったらしいけど、スケジュールが合わなかった。って話もあるくらい、ティム・バートンはどうやらこのストーリーに執着というか思い入れがあるらしい。ホラーちっくな作品がお得意なティム監督!加えてジョニーの生歌るんるんが聴ける!ってことで、すっごい楽しみにしていた1本なのです。
数日前、目と目を合わせてジョニーに握手してもらった記憶がよみがえります揺れるハートジョニーの歌声を聴くだけでも劇場に行く価値アリ!


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【サ】行のreview

2008年01月18日

黄色い涙

kiiroi_nami.jpg

監督…犬童一心
出演…相葉雅紀/大野智/桜井翔/二宮和也/松本潤

極私的満足度… △

古き善き昭和のカホリ
嵐が全員出演の久々の作品。ピカ★ンチそしてピカ★★ンチと、堤監督の元で笑いの才能を存分に発揮し、非常に楽しい作品を届けてきてくれた彼等だし、昨年CATVで見たジョゼと虎と魚たちが思いのほか良かった犬童一心監督作品だから、さぞかし面白いだろう!
チラシから漂って来る、心地よい昭和のカホリも期待度を更にアップさせてくれました。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview

2008年01月16日

淋しい限り…GG賞(65th)

679251786_13.jpg

毎年年末にノミネーションが発表されて、成人式の頃に授賞式と相成るGG賞(ゴールデン・グローブ賞)。
今年の注目は、ミュージカル/コメディ部門の作品賞、そして主演男優賞さらに主演女優賞、メインの3部門にノミネートされていたスウィーニー・トッド-フリート街の悪魔の理髪師の面々。授賞式前に来日も決まっていて、こりゃぁ大いに盛り上がるぞぉぉexclamation×2と激しく期待していたのに・・・来日直前に、今年の授賞式はナシがく〜(落胆した顔)という悲しいお知らせ。

あーりーえーなーーーーいもうやだ〜(悲しい顔)

毎年某チャンネルで授賞式が放送されるのを楽しみにしてて、今年は絶対に録画するぞ〜〜!って思っていたのにぃぃ。(T-T)
続きはコチラ
posted by カル〜★ at 11:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画な雑談

2008年01月13日

銀色のシーズン

gin_season.jpg

監督…羽住英一郎
出演…瑛太/田中麗奈/玉山鉄二/青木崇高

極私的満足度…○

気分爽快・単純明快
今年の劇場鑑賞1本目です…というか、毎年元旦(映画の日)に何かしら鑑賞するんだけど、今期のお正月映画、なんとも・・・な感じだし、見たいモノは年末に見ちゃったし…ってワケで連休まで劇場に行けず。
1本目からハズレだったら嫌だなぁたらーっ(汗)って不安モリモリだったんだけど、イントロの豪快かつ爽快な白馬の青空、真っ白な雪。そしてワタシにはおよそ出来ないスキーシーンの連続で、最初の予感は一気に払拭。こりゃさい先イイね!と思った単純なワタシです。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【カ】行のreview