2007年02月16日

パフューム -ある人殺しの物語-

perfume-2.jpg

原題…PERFUME:THE STORY OF A MURDERER
監督…トム・ティクヴァ
出演…ベン・ウィショー/アラン・リックマン/ダスティン・ホフマン

極私的満足度… △

超デビルノーズ!!
原作は1985年に刊行されたパトリック・ジュースキントの同名小説。見終わってから色々なサイトを見て初めて知ったんだけど、なんと全世界で1500万部のセールスを記録しているベストセラーなんだとか!さらには、映画化権をスピさんやスコさんが奪い合ったexclamation&questionという話もあるらしい。ワタシは何も前知識ナシで見たから「あらまぁ、スゴイ作品だわねぇたらーっ(汗)」とビックリだったんだけど、コレもやっぱり原作を読んである人にとっては、何かちょっと違うなぁ…って気がしちゃうのかも?です。 でも、ニオイ・カオリを映像で表現する!という試みは結構良かったんじゃないかなぁ? チャーリーとチョコレート工場の上映の時に一部の映画館で、チョコの香りが場内に漂う…っつう演出をしてたんだから、この作品も劇場でフワッと香りを漂わせたりしたら、臨場感が出て数倍楽しく見られるんじゃないかな?
みどころは、ダスティン・ホフマンの白塗り(爆)と、ラストのCG合成ナシ!何百人もの役者にスッゴイことやらせてるシーン。そして主演ベン・ウィショーの「この役は彼にしか出来ない」と思えるほどの熱演です。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(4) | 【ハ】行のreview