2006年12月26日

敬愛なるベートーヴェン

copyingbeethoven2.jpg

原題…COPYING BEETHOVEN
監督…アニエスカ・ホランド
出演…エド・ハリス/ダイアン・クルーガー/マシュー・グード

極私的満足度… △

音楽室から抜け出て来た!!
年末と言ったら、この曲でしょう!というぐらい有名な、ベートーベンの交響曲第9番。あの曲が初演される(完成する)4日前が物語の舞台。この頃のベートーヴェンはすでに耳が聴こえない状態になっていて、偏屈さにもより一層磨きがかかっていたようで…そんな彼の元にコピスト(写譜師)として音楽学校から派遣されるのが、ベートーヴェンの3人目のコピスト@アンナ・ホルツ。物語は一応史実に基づいているそうなんだけど、この3人目のコピストは今なお謎とされているらしい。今回はその役を女性にして、男女間を越えて存在した師弟愛を描いていました。アマデウスのように荘厳で、ちょっと眠たくなるような作品なのかと思いきや、昨今のクラシック音楽ブーム(のだめカンタービレ効果)のせいか、比較的楽しく見られました。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 23:50| Comment(1) | TrackBack(2) | 【カ】行のreview