2006年11月30日

ヒストリー・オブ・バイオレンス

hov.JPG

原題…A HISTORY OF VIOLENCE
監督…デヴィッド・クローネンバーグ
出演…ヴィゴ・モーテンセン/マリア・ベロ/エド・ハリス

極私的満足度… △

静寂の中のバイオレンス
冒頭の絵に描いたような幸せな家族の風景。この映画のどこがいったいバイオレンスなんだ?と、やや悶々としながら見ていました。まぁ、オスカーやカンヌで賞賛されるような作品なので、Hollywood的なお金有料のかかった派手ハデバイオレンスとは一線を画しているだろうと思ったけど、なんと言うか、静けさの中に暴力がそっと入り込んで来る…と言った感じ。カナダ(設定上はアメリカだろうけど)の田舎町にある、赤毛のアンの家のようなメルヘンチックな家に住む幸せな家族が、ある日とつぜん根の深い暴力沙汰に巻き込まれていく。優しくて人望の厚い夫がなぜ? 主演のマリア・ベロの渾身の演技が見物な1本。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 【ハ】行のreview