2008年10月07日

マンマ・ミーア!

mamma_main.jpg

原題…MAMMA MIA!
監督…フィリダ・ロイド
出演…メリル・ストリープ/アマンダ・セイフライド

極私的満足度… ○

色彩豊かなミュージカル
ふぅぅ…やっと書けるたらーっ(汗) 完成披露試写会に、ブロガーさんをご招待!という企画に当たったので、久しぶりにプレスシート(すごい立派)が一般人にも配られる試写会に行ってきました。
マンマ・ミーア!と言えば、ABBAの音楽満載のミュージカルでしょ?と認識してる人は大勢いると思いますが、まさにそのミュージカルの映画版です。頂いたプレスシートにも書いてありましたがムービカル(Movie+Musical)という形容詞が相応しい、とっても楽しい1本。ABBA世代ではないワタシですら知っているスタンダードナンバーるんるん満載なので、見てるウチに口ずさみたくなったり、映画の登場人物と一緒に踊りだしたくなるほど。

かわいい一般公開は来年、2009年1/30(金)全国ロードショーですかわいい
女性同士、お友達と連れ立って見に行くのに最適な作品かと思います。

続き(ややネタバレ気味)
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【マ】行のreview

2008年09月24日

BONES シーズン3

bones_y3ep1.jpg

FOXチャンネルですでに、シーズンプレミアとして7月下旬に見てはいたんですが…「限定」とか「プレゼント」ってコトバに弱いワタシなんでたらーっ(汗) お友達に誘われて都内某所にある20世紀FOXの試写室に行ってきました。


ケーブルTVが付いている今の家に昨年引越した時、ちょうどシーズン1が始まったばかりだったBONES。たまたま見たらズルズルとハマってしまって、字幕も吹替えも両方見てしまったほど。そしてシーズン2が始まるのを心待ちにし、始まったら始まったで「えっexclamation&questionもうシーズンFinalなの?」ってぐらい。とにかく楽しいままに、アッちゅう間に終わったように感じたほどです。

海外ドラマは、古くはX-Fileをチョロっと、ツインピークスとか、民放でやってたのをかじった程度だったワタシですが、24-TWENTY FOUR-でガッツリとハマり、あとはCDでロズウェルやエイリアス、スーパーナチュラル…そしてケーブルに入ってからはもぅ・・・恐ろしい数の海外ドラマを見てるワケですが、その中でも多分1番exclamation×2と言っても過言じゃないほど好きなのが、このBONESです。

◆BONES シーズン3 10月3日(金)23:00 FOXチャンネルでスタート!
 毎週金曜日 23:00〜24:00 ほか

◆まだ間に合う!BONES シーズン3 第1話〜第5話 キャッチアップマラソン
 11月9日(日) 14:00〜18:00 

FOXチャンネルの視聴方法やBONESの最新情報はこちら→http://www.foxjapan.com/tv



続きはコチラ(ネタばれあり)
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【海外ドラマ】のReview

2008年05月30日

JUNO/ジュノ

juno.jpg

原題…JUNO
監督…ジェイソン・ライトマン
出演…エレン・ペイジ/J.K.シモンズ/ジェニファー・ガーナー

極私的満足度… ○

それも一つの選択
08年のオスカー脚本賞を受賞したので、公開前から軽く内容を知ってる人も多いと思いますが、ティーン(10代)の妊娠→出産が題材になっています。現実社会でもそうだけど、どうしてもティーンの妊娠・出産というものはドヨヨーンと暗く、そして重たくなりがちたらーっ(汗)古くは金八っつぁんの1stシーズンとかがそうですよね。まぁ、その頃とは時代が変わってはいるけれど、今でもやはり重要な問題であることに変わりはないワケで…
そうなんだけど、この作品が他と違い、オスカーを受賞したのは、妊娠・出産がテーマなのにPOPで明るい。前向きな作品だからなんですよね。今までにない切り口だと思います。
一風変わった女の子JUNOが、周りの皆を巻き込んで、これも1つの選択肢。結果的にはこれも愛のカタチ…かも?ってのを証明してくれます。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【英字】のreview

2008年05月29日

アフタースクール

afterschool.jpg

監督…内田けんじ
出演…大泉洋/佐々木蔵之介/堺雅人/田畑智子


極私的満足度… ○

その喩えに偽りナシ!!
主要キャストを見た瞬間「これ絶対見る」そう決意したワタシ。今をときめく曲者役者が3人と、カンヌ受賞経験のある監督のタッグですからね、話題性は十分ってモンです。…て、話題先行の罠に落ちてしまうのかexclamation&questionと心配していたんだけれど、そーんなことは全くありませんでした。
和製ユージュアル・サスペクツと喩えている映画評をどこかで見たんだけど、いやはや。その喩えに偽りナシでした。まさにその通り!どこかで誰かが騙してるんですよねぇ。見る前は「誰がウソついてるか見抜いてやる!」って思っていたんだけど…始まったら物語が面白くて(^^; 思いっきり魅入ってしまって、もーすっかり騙されまくりでした(笑)
ふだん邦画を見ない人達にも楽しんで貰える作品だと思います。

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ア】行のreview

2008年05月25日

それでもボクはやってない

soreboku.jpg

監督…周防正行
出演…加瀬亮/役所広司/山本耕史/瀬戸朝香

極私的満足度… △

やってないんだよねぇ…
これ、タイトルで推測すると結末分かっちゃうじゃん!って見る前思っていたんだよねぇ。でもね、ワタシ一応女性なんですが、見てる最中は「ボク」である金子君が無実なのを知っているだけに、取り調べのシーン、裁判のシーン。ラストに近付く頃には、すっかりと金子君の逆転無罪を信じてしまいましたよたらーっ(汗) ま、見ていて気分の良いものでないことだけは確かなんだけど、ズルズルと全部見てしまう…っていうかな、どーなっちゃうんだexclamation&question金子君!って見る側を巻き込んで行くあたり、周防マジックってとこなんでしょうかね。
平成21年5月21日より始まる裁判員制度や、日本の裁判制度をもう一度深く考えてみるのに、良い作品なんじゃないでしょうか。これ見ると、日本の裁判制度に疑問を抱かずにはいられませんよ。


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【サ】行のreview

2008年05月23日

告発のとき

valley_elah.jpg

原題…IN THE VALLEY OF ELAH
監督…ポール・ハギス
出演…トミー・リー・ジョーンズ/シャーリズ・セロン/スーザン・サランドン

極私的満足度… △

ズドーーンと重たいけれど…
クラッシュの監督であり、ミリオンダラー・ベイビー父親たちの星条旗等の脚本家でもあるポール・ハギスの作品。これらの作品全てに言えることだけれど、物語はとてもヘヴィ。でも見る者を捕らえて放さない、見た者に強くメッセージを残すんですよね…少なくともワタシは、そう思います。
この作品も先のイラク侵攻が絡む、戦争から帰って来てもなお、友人や家族を巻き込んで惨状は続く。そんな「これもまた、イラク戦争なのだ」を描いた作品でした。
約2時間ほどの作品ですが、長いなぁ…と時計を見たくなるようなこともなく、じっくりと魅せられる。そんな1本。


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(5) | 【カ】行のreview

2008年05月22日

フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ海の宝石

foolsgold.jpg

原題…FOOL'S GOLD
監督…アンディ・テナント
出演…マシュー・マコノヒー/ケイト・ハドソン/ドナルド・サザーランド

極私的満足度… ○

トレジャーハントってやっぱ好き
きっと試写会当らなかったらCD出るまで見なかっただろうなぁ…って作品。とりあえず海好きだし、ケイト・ハドソン好きだし!ってことで見てみたんだけど、宝探しが始まるまでは正直言ってB級通り越してC級かexclamation&questionってな感じの内容だったんだけど、始まってからはかなり面白かったです。見てる最中、はて…こんな作品どっかで見たような?そう、なんとなくイントゥ・ザ・ブルーに似てたのかな。でもコッチは宝探しにだけ集中していられるし、お宝に関する歴史もホンモノ風なんで、信憑性があるだけに純粋にトレジャーハント映画として楽しめたかな。
生きてる間に一度は行ってみたい海、キーウェストが舞台ってだけでワタシの中の評価はグッド(上向き矢印)ですんで、100%信用して劇場に行ったりしないでくださいね(^^;


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 【ハ】行のreview

2008年05月20日

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

narnia2.jpg

原題…THE CHRONICLES OF NARNIA: PRINCE CASPIAN
監督…アンドリュー・アダムソン
出演…ピーター・モーズリー/アナ・ポップウェル/ベン・バーンズ

極私的満足度… ○

前作よりおもしろーい
ワタシの中の運が尽きてしまったんじゃexclamation&questionってぐらいラッキーなことに、舞台挨拶付きのジャパンプレミアぴかぴか(新しい)が当って、W王子とルーシーちゃんの舞台挨拶を見て、さらに公開の前夜にひと足お先に見ることができましたわーい(嬉しい顔)
全面的にファンタジーをうちだした前作に比べて、今回は登場人物が少しづつ成長したせいもあり、アクションがかなり盛り込まれ、また人間のシーンが多かったので、前作よりも格段に面白かったように思いました。2時間半という長時間の作品だけれど、その長さを感じさせない、あexclamationッと言う間にエンドロールを迎えてしまう面白さでしたよー。
ま、ワタシ的にはタムナスさん@マカヴォイ君が出て来ないのが寂しかったけど、他の動物(笑)が大活躍だったんで、満足るんるん これは、是非とも大きなスクリーンで見てほしい作品です。


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 【ナ】行のreview

2008年05月19日

僕の彼女はサイボーグ

boku_cyborg.jpg

監督…クァク・ジェヨン
出演…綾瀬はるか/小出恵介/桐谷健太

極私的満足度… △

途中まではなぁ・・・
ハリウッドでリメイクも決まっている猟奇的な彼女のクァク・ジェヨン監督が、まるまる日本人のキャストを使って、作ったこの作品。猟奇的な〜は、まだ今みたいに強烈な○流ブームが起こる前の作品だったから、ワタシも見て「面白いなぁ」って素直に思えた作品だったんだよね。で、その監督さんだから…ってことで、ちょっと楽しみに見に行きました。やぁ、面白かったぁ。綾瀬はるかの傍若無人なサイボーグっぷりは、見ててすっげぇ笑えるハートたち(複数ハート) 小出君のキョドりっぷりもなんだか「地ですか?」ってぐらい似合ってて、中盤まではかな〜り爆笑exclamation×2で面白かったんだよねぇ。うん。途中まではスッゴイ・・・


続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00 | TrackBack(1) | 【ハ】行のreview

2008年05月18日

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

charlie_ww.jpg

原題…CHARLIE WILSON'S WAR
監督…マイク・ニコルズ
出演…トム・ハンクス/フィリップ・シーモア・ホフマン/ジュリア・ロバーツ

極私的満足度… △

娯楽色より政治色
トム・ハンクス出てるし、なんだか楽しそうな音楽だし…と宣伝のワナにすっかりはめられて見に行ってしまいました。うぅぅ、始まって暫くして「これ、娯楽っていうより政治色のが濃くね?」とゲンナリバッド(下向き矢印) 内政干渉やら隠れて戦争を企てる…的な内容を面白く味付けして、正当化しちゃった風な中身でした。
まぁね、トム・ハンクスは「あぁこーいうお気楽・極楽な田舎議員いるよねぇ」的な人物をモノの見事に演じていて、見ていて楽しかったし、久しぶりにやや笑い入った役のフィリップ・シーモア・ホフマンも面白かったんだけど、たった101分の上映時間がまるで3時間近くにも感じてしまったワタシです。
それでもどーしても劇場で観たい!という方は、サービスdayに見ることをオススメいたしますたらーっ(汗)

続きはコチラ
posted by カル〜★ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【タ】行のreview